株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

テレワーク関連

TeamViewer(チームビューワー)

Solutions & Products

VPN不要で簡単にリモートアクセスを実現

TeamViewerは、簡単で安全に使えるリモートデスクトップソリューションです。サーバやネットワーク機器の準備は不要。接続先のPCやサーバと、接続元の端末にTeamViewerをインストールするだけで、インターネット経由で社内のPCやサーバにリモートアクセスします。

サービスの強み

世界で選ばれているリモートデスクトップソリューションで、
企業の変革と攻めのIT活用を支援

社員の働きやすさと、業務効率の向上を実現する働き方改革には、テレワークを可能とするソリューションが欠かせません。TeamViewerは世界で圧倒的な利用者数を有するリモートデスクトップソリューションです。支持される理由は、リモート接続技術の優秀さと安全性、拡張性や管理機能などの技術的な優位性。また一般消費者にも利用しやすい操作性なども人気の理由です。機器のリモートメンテナンスやシステム利用者のリモートサポートなどの業務にも幅広く活用できます。

簡単で安全、利便性の高いリモート接続を実現

  1. 優れたパフォーマンスと
    高いユーザビリティ
    TeamViewerのリモートアクセスには、デバイス固有のIDであるTeamViewer IDを利用します。IPアドレスもコンピュータ名も必要ありません。ネットワーク設定などを極力排した簡単な操作で利用できるよう、ユーザの利便性を追求しました。ユーザーインターフェースも利用者本位に設計されています。
  2. 世界最高基準の
    セキュリティとコンプライアンス
    リモートアクセスは通常のインターネット回線での接続になるため、通信の暗号化はTeamViewer側で実装しています。リモートアクセスの通信トラフィックはRSA公開鍵/秘密鍵の交換、およびAES(256ビット)によるセッション暗号化を使用し高いセキュリティが保たれています。
    また、TeamViewer社のWebサイトにおいても、セキュリティ対策が最優先事項であることが明記されているように、SOC2認証及び準拠やISO27001認証、HIPAA準拠、ブルートフォース攻撃からの防御など、様々な対策が行われています。
  3. マルチOS、マルチプラットフォームに対応
    WindowsやMacOS、Linuxはもちろん、モバイルOSであるAndroidやiOS、その他にもChrome OSやRaspberry Piなどにも対応しています。リモートアクセスする側、リモートアクセスされる側の両方で、OSやデバイスの種類に関係なくTeamViewerによるリモートアクセスを利用できます。(iOSデバイスへのアクセスは画面共有のみ、Raspberry Piはリモートアクセスされる側のみ)

利用用途で使い分けられるモジュール

TeamViewerには幾つかのモジュールがあり、ご利用の用途によって使い分けが可能です。

TeamViewer(フルモジュール)

基本となるモジュールです。このモジュールでのみ他のデバイスへのリモートアクセスが可能です。
もちろん他のデバイスからのアクセスを受けることもできます。
すべてのシーンで「アクセスする側」は、このモジュールをご利用ください。

TeamViewer フルモジュール

Hostモジュール

アクセスを受ける機能限定のモジュールです。このモジュールから他のデバイスへのリモートアクセスは出来ません。
但し、設定等はフルモジュールと同等に設定することが出来ます。
リモートワークで会社においてあるPCやリモートでメンテナンスを実施するサーバでご利用頂けます。

Hostモジュール

QuickSupportモジュール

アクセスを受ける機能限定のインストール不要なモジュールです。
但し、フルモジュール、HOSTモジュールで出来る各設定等には対応しておりません。
リモートサポートで一時的にアクセスを受ける利用者に最適な簡易モジュールです。

QuickSupportフルモジュール

TeamViewerを安全にご利用いただくための支援

ラックは、TeamViewerのリモート接続ツールとしての優れた機能が、企業の業務効率や働き方改革を強力にサポートすると考え、TeamViewer導入コンサルティングサービスを提供いたします。
本サービスは次の支援を提供いたします。

業務効率化、働き方改革に関する業務改革コンサルティング

  • 働き方改革支援サービス
  • リモート接続による業務の効率化を提案
  • カスタマーサポート、従業員サポートの効率化をご提案
  • 働き方改革の推進と、リモートワーク構築の支援

TeamViewerを安全に利用するためのセキュリティコンサルティング

  • お客様のIT環境におけるセキュリティ対策状況診断
  • TeamViewerの安全な設定に関してのアセスメント
  • TeamViewerを使用する規約やポリシー作成の支援

さらに詳しく知るにはこちらへ⇒「セキュリティコンサルティングサービス」

ラック セキュリティ監視センター「JSOC」

2020年4月初旬に全国で発令された「緊急事態宣言」。ラックではそれを見越して3月26日に、全社員に対して在宅勤務の号令が出ました。しかし、顧客企業の情報システムの安全を24時間監視するJSOCは、たとえどんな事態になってもその業務を止めるわけにはいきません。それと同時にセンターで監視を担う社員の健康や生命も守らなくてはならないという矛盾。この事業を止めないためにJSOCでとった対策はどのようなものだったのでしょうか?

混乱のさなか、サービスを維持するために奮闘したJSOCのインフラを支える新津と加藤に、その経緯とピンチをどう乗り越えたかを聞いてみました。

新型コロナによる出社禁止、セキュリティ監視センターJSOCはどうピンチを乗り越えたのか?

よくあるご質問

TeamViewerはどのように購入できますか?
1年単位のサブスクリプション購入となります。
TeamViewerには、どんな種類がありますか?
Business、Premium、Corporate、Tensor等、提供される機能と価格によって複数の選択が可能です。
無償版があると聞いたのですが、利用可能ですか?
無償版は、個人が非営利目的でお使いになる場合のみ、ご利用可能となります。
法人での利用や事業等でお使いになるには、有償版のご契約が必要です。
TeamViewerと他の製品との違いはなんですか?
海外を中心に、多くのご利用実績があります。
また、多くのお客様から、安定した接続や、使い勝手の良さを評価いただくことが多い製品です。
リモートデバイスの画面操作以外に、ローカルとリモートデバイス間でのファイル転送等も可能ですか?
はい、そういった機能もございます。
また、ポリシー設定等で、そういった機能を無効化することも可能です。
TeamViewer IDとはなんですか?
TeamViewerを導入したデバイスに固有に割り振られるユニークなID(番号)になります。
接続先を指定する場合、接続先デバイスのIPアドレス等の情報は不要で、TeamViewer IDのみで設定が可能です。
TeamViewerアカウントとはなんですか?
TeamViewer社が提供するクラウド管理コンソール(Management Console)にログインする為のアカウントです。このTeamViewerアカウントをキーにして、TeamViewerでは利用者(ユーザー)を識別することができます。
TeamViewerはどのようなネットワーク環境で稼働できますか?
FirewallやIPS、Proxy等を含む、一般的な企業ネットワークでも多くが動作可能ですが、一部の機器や、構成によって必要な稼働条件を満たせない場合があります。購入前に無償トライアルも可能ですので、まずは、ご自身の環境で実際にご利用していただくことを推奨します。
製品を購入した場合のサポートはどうなりますか?
メーカーの提供するサポート窓口(電話、Webチケット)をご利用いただけます。電話窓口は日本語にてご対応いたします。
無償トライアルや、見積もりを希望する場合は、どうすれば良いですか?
こちらからお問合せください。担当者よりご連絡いたします。

参考情報

価格

個別にお見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。

「TeamViewer(チームビューワー)」に関するお問い合わせ