株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

テレワーク関連

Akamai Enterprise Application Access(EAA)

Solutions & Products

ビジネスのスピードを損なわない、
シンプルでセキュアなリモートアクセスで働き方改革を推進

テレワーク導入においては、VPN機器の調達や社内システムへのアクセス急増によるネットワーク遅延、セキュリティ対策などの課題があります。EAAは、複数のクラウドやデータセンター上に分散する様々な業務アプリケーションへ、セキュアで高速なアクセスを可能にします。

サービスの強み

業務効率と高いセキュリティ性を同時に実現して多様な働き方を推奨

Akamai

アプリケーションへのアクセスは、ネットワークの内外に関わらず常に認証・認可を行うことで安全性を確保します。さらに、アカマイがクラウド上に展開するEdge Platformを利用することで通信の高速化が実現できます。従来のオンプレミス型のアクセスソリューションにはないアプローチで、業務の迅速性が高まることが期待できます。

より速く、より安全で安定したインターネットソリューションを

  1. VPNを使わずに
    安全なアクセスを実現
    アカマイのグローバルで大規模で高速なインターネット基盤を利用し、社内ネットワークと変わらない操作性かつ安全にアプリケーションを利用できます。ユーザー認証もEAAポータルへのログイン1回で済むため利便性を損なわずに業務が遂行できます。
  2. 様々な権限のユーザー管理と
    アクセスコントロールが容易
    アプリケーションごとのアクセスコントロールができるため、様々な権限のユーザーが利用する場合でもセキュリティレベルの確保が容易です。また、アプリケーションへのログインや利用状況など、複数のシステムログを統合しないと分からないユーザー動向も詳細に可視化して制御できます。
  3. 複雑なインフラの設定、
    維持管理が不要
    EAAのポータルから簡単に基本設定ができるので、すぐに利用開始できます。複雑になりがちな、システムやネットワークの構築は不要です。

主な機能

  • すべてのSaaSアプリケーションへのアクセスを提供
    Salesforce、Microsoft、SAP、Oracleなどが提供するSaaSアプリケーションにアクセスできます。
  • 多要素認証(MFA/2FA)
    メール、SMS、TOTPによる多要素認証を追加できます。
  • 強力な暗号化
    すべてのアクセスはTLSで暗号化されるため、データがネットワーク上にさらされて覗き見されることはありません。
  • VPNの代替機能
    ファイルサーバーやクライアントサーバー型アプリケーションは、EAA Clientを利用したトンネリング機能を利用できます。フルトンネルではなく、アプリケーション単位での許可が可能です。
  • 認証の統合と全体最適化
    一部のユーザーやリモート、オンプレミスなど個々に設定されていた認証を、全てEAAに統合し全体最適化することができます。また、アプリケーション毎にアクセスの許認可ができ、EAAの機能の一つであるDevice Postureを活用することでユーザリスク評価を行うことも可能です。

    ※ Device Posture:OSのバージョン、パッチ、デバイスのファイアウォールの状態など、脅威インテリジェンス信号を使用して、ユーザーのリスクを評価

Device Postureの画面(サンプル)
Device Postureの画面(サンプル)

多様化する働き方や組織変更に柔軟に対応

  • 企業の合併や買収に伴い複雑になった認証システムをシンプル化
    企業のM&Aなどにより、何百ものアプリケーション、認証基盤も複数混在した状況にあったものを、EAAによりシンプル化。すべての認証にEAAを通すことで統制。合わせて、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)の排除も可能にしました。
  • VPNの廃止
    管理が複雑で、規模の拡大でコスト増となるVPNを廃止し、EAAによるゼロトラストネットワークを実現。
  • シングルサインオン
    オンプレミス、IaaS、SaaSのアプリケーション問わず、EAAによる認証の統合を実現。ユーザーはインフラ形態を意識する必要が無いため利便性を損なうことがありません。

新型コロナウイルスの影響でテレワークを導入した事例

国や都の自粛要請による、全社テレワークの意思決定から、約3時間で新規利用者追加と対象アプリケーションの追加を実施。一般的なハードウェアやオンプレミスのリモートアクセスでは実現できなかったことが、EAAによって短時間で可能に。

テレワークを導入した事例

構成イメージ

アカマイが全世界に展開するクラウドプラットフォームを利用し、企業の様々なシステムへのアクセスを統合的に管理します。DMZを設置することなく、EAAによる多様なシステムへのシングルサインオンが可能となります。

EAAを使った構成イメージ
EAAを使った構成イメージ

価格

個別にてお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。​

「Akamai Enterprise Application Access(EAA)」に関するお問い合わせ