株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

セキュリティ診断

標的型攻撃メール訓練 T3

Inspection & Consulting

標的型攻撃メールの急増に対し、
社員のセキュリティレベル向上を行う訓練サービス

T3(Targeted Threat mail Training)は、疑似攻撃メールを配信し開封状況を把握しながら、社員の攻撃メールを見抜く力を高める体験型学習サービスです。システムを利用者が自由に使って訓練を行える「T3」と、メール訓練の計画から結果報告までを専門家が支援する「T3 Plus」が利用できます。

サービスの強み

危険なメールを見抜くための体験型訓練により、
標的型攻撃メールによる脅威をゼロに近づける

標的型攻撃メール訓練 T3

Emotetのような検知が難しいマルウェアへの大量感染が発生しており、従来型セキュリティソフトだけでは防御の限界が見られます。感染リスクを下げるためには、攻撃メールに気づくための社員教育、訓練が鍵となります。しかし巧妙化が進む攻撃メールに対応し訓練の効果を向上させるためには、業種や組織体制など内部事情を反映した疑似攻撃メールが不可欠です。ラックは標的型攻撃メール訓練をゼロから考え直し、企業が自由に訓練用攻撃メールをつくり運用できるT3を開発しました。

セルフで実施か、ラックの専門家の支援を得るか、
いずれかを選び、訓練による確実な成果を得る

  1. 訓練メールの配信による
    体験型の学習効果
    「危険なメールの実例」などの知識だけでなく、実際に訓練メールが社員に届き疑似攻撃を受けるため、実践形式で脅威に対処していく体験型の学習効果が得られます。
  2. T3ではセルフサービスによって価格を抑え、訓練ノウハウを自社に蓄積できる
    T3では、企業側の担当者が自らラックのシステムを使いながら、メール配信にかかる準備作業や開封結果のレポートのダウンロードが可能です。低コストかつ短期間で訓練できるだけでなく、標的型攻撃メールへの対応ノウハウを自社に蓄積できます。
  3. より高度な訓練を行いたい場合にはT3 Plus
    T3 Plusでは、専門ノウハウを持つラックの社員が、企業の環境や業務内容に応じ、適切なメール訓練の実施を支援します。また、標的型攻撃メール訓練の経験のない企業の担当者であっても、確実な実施効果が期待できます。

狙いに合ったサービスを選択し、訓練を実行する

1. セルフサービス型のT3と、ラックの専門家のサポートでより高度な訓練を行うT3 Plusのいずれかを選択する

自社で主導するか、ラックに依頼するかを選択し、体制を整える。

2. セルフサービス型のT3を選んだ場合

T3ではラックが提供するメール配信システムを利用し、企業の担当者が訓練を進めます。具体的には、アカウント発行、訓練情報登録、訓練メール配信、訓練終了連絡、アンケート実施・確認、訓練結果確認といった流れになります。

3. ラックの専門家の支援でより高度な訓練を行うT3 Plusを選んだ場合

T3 Plusでは、お客様とラックサービス担当で綿密にやり取りし、訓練を進めます。具体的には、訓練情報連絡、訓練メール配信、訓練終了連絡、アンケート実施、訓練結果・報告書送付、報告会実施といった流れです。

サービスラインナップ

標的型攻撃メール訓練サービス T3

ラックは標的型攻撃メール訓練システムへのアクセスアカウントのみを発行し、利用者が自由に訓練内容や配信内容、配信対象を設定し、訓練をセルフサービスで実施できます。

標的型攻撃メール訓練 T3 利用イメージ

標的型攻撃メール訓練サービス T3 Plus

T3では対応できない、より高度な訓練を実施したいというニーズに応えるため、ラックがお客様の計画に基づきメール配信から訓練結果の報告までサポートを行います。

標的型攻撃メール訓練 T3 Plus 利用イメージ

※ アンケートおよび報告会の実施は別途有料のオプションとなります

セルフサービス型T3と支援型T3 Plusの比較

T3 T3 Plus
実地期間(目安) 約1カ月~ 約3カ月
システム T3用システム
(Webアプリケーション)
T3 Plus用システム
配信作業 お客様 ラック
メールテンプレート 54種類
送信元ドメイン 22種類
実施形式 添付ファイル形式 (zip圧縮可・暗号化可)
  • Office形式(Word,Excel,PowerPoint)
  • PDF (URLリンク記載)

URLリンク形式
  • メール本文URL挿入型(text)
  • HTMLメール(偽装あり/偽装なし)
添付ファイル形式 (zip・lzh圧縮可・暗号化可)
  • Office形式(Word,Excel,PowerPoint)
  • PDF(URLリンク記載)

※ 上記以外の形式をご希望の場合はご相談下さい


URLリンク形式
  • メール本文URL挿入型(text/サブドメイン使用)
  • HTMLメール(偽装あり/偽装なし)
開封結果
T3用システムからダウンロード

個別開封結果を弊社から送付
アンケート機能 ※ オプション
分割配信 ※ オプション
複数文面 ※ オプション
案件管理ポータル
T3 T3 Plus
実地期間(目安)
約1カ月~ 約3カ月
システム
T3用システム
(Webアプリケーション)
T3 Plus用システム
配信作業
お客様 ラック
メールテンプレート
54種類
送信元ドメイン
22種類
実施形式
添付ファイル形式 (zip圧縮可・暗号化可)
  • Office形式(Word,Excel,PowerPoint)
  • PDF (URLリンク記載)

URLリンク形式
  • メール本文URL挿入型(text)
  • HTMLメール(偽装あり/偽装なし)
添付ファイル形式 (zip・lzh圧縮可・暗号化可)
  • Office形式(Word,Excel,PowerPoint)
  • PDF(URLリンク記載)

※ 上記以外の形式をご希望の場合はご相談下さい


URLリンク形式
  • メール本文URL挿入型(text/サブドメイン使用)
  • HTMLメール(偽装あり/偽装なし)
開封結果

T3用システムからダウンロード

個別開封結果を弊社から送付
アンケート機能
※オプション
分割配信
※ オプション
複数文面
※ オプション
案件管理ポータル

標的型攻撃メールの開封率が着実に低下

訓練を実施することで、社員が標的型攻撃メールを誤って開封する確率が着実に減少することがわかります。一見小さく見える変化が、企業全体を守ることにつながります。

疑似攻撃メールの開封率が、13%から9%に低下。耐性が高まっていることがわかります。(この画面はT3のみで提供されます)
疑似攻撃メールの開封率が、13%から9%に低下。耐性が高まっていることがわかります。
(この画面はT3のみで提供されます)

価格

メールの配信数によって、利用価格は異なります。お気軽にお問合せください。

参考価格 (総配信数100件の場合)

  • 標的型攻撃メール訓練 T3:210,000円(税抜)
  • 標的型攻撃メール訓練 T3 Plus:880,000円(税抜)

※ 金額は配信総数、オプションにより変動します

「標的型攻撃メール訓練 T3」に関するお問い合わせ