株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

監視・運用

JSOC® マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

JSOC が提供するマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)は、お客様拠点に導入されている様々なセキュリティ監視機器を運用することはもちろん、巧妙化する不正アクセス通信の分析や不正侵入検知後のインシデント対応までを、JSOCが24時間365日リアルタイムで実施するセキュリティ監視・運用サービスです。

JSOC® マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

JSOCのマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)はお客様の不正侵入検知能力を大幅に向上させるセキュリティ監視・運用サービスです。巧妙なサイバー攻撃が増加するIT環境において、不正アクセス監視によるセキュリティ対策の水準を上げます。また、複雑なセキュリティ監視機器を運用し、不正アクセスを防ぎます。

クラウドWAF監視・運用

WebアプリケーションをDDoS攻撃や脆弱性を狙った攻撃などから防御するセキュリティ対策ソリューションに、セキュリティ監視・運用を組み合わせ、分散する複数のWebサイトに高度なセキュリティ対策を一括で適用できるサービスです。運用はラックの専門家が担うため、お客様が本来の業務にリソースを集中する余裕が生まれます。

Deep Security 監視

トレンドマイクロ社のサーバセキュリティ対策製品「Deep Security」を対象に、ラックが運営する日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」の専門アナリストが、24時間体制でセキュリティ監視・分析を行うサービスです。

WAF運用管理

WAFはWebアプリケーションの脆弱性を狙ったサイバー攻撃を防御する製品です。JSOCが提供する「WAF運用管理サービス」は、ラックのセキュリティ専門家が、そのWAFを運用することで、企業の運用負荷の軽減とWebサイトのセキュリティリスクを低減させるサービスです。

マルウェア対策製品 監視・運用

「FireEye」製品の運用管理は専門的な知識が必要とされ、そのようなセキュリティ製品を、高度な知識とノウハウをもって運用管理を実施してきた「JSOC」のプロのセキュリティエンジニアが常に適切な状態に維持します。

マネージドEDRサービス

ラックが提供する「マネージドEDRサービス」では、最新のエンドポイントセキュリティソリューションであるEDR(Endpoint Detection and Response)をこれから導入する企業、または導入済みの企業に対して、ラックのセキュリティ専門家が監視、運用支援を提供します。