株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

データ分析

Elastic Stack(エラスティック スタック)

Solutions & Products

組織内に存在するあらゆるソース、形式の膨大なデータ活用を可能にし
DXを加速する

Elastic Stackとは、Elastic社が提供する、Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstashの総称で、様々なソースからデータを取得し、リアルタイムに検索、分析、可視化することができるソリューションです。各部門やITシステムに分散された情報を横断的に解析し可視化、素早く正確な意思決定に繋げていきます。

サービスの強み

組織内に分散する情報を横断的に検索・分析することで、
正しい意思決定と効果的なDXをサポート

Elastic Stack

DXによる効果としては、これまでのデータ分析では判明しなかった傾向、マーケティング活動のヒント、サイバー攻撃の予兆などを見つけ出すことが求められています。Elastic Stackは、様々なログを自動で収集・可視化、リアルタイムに情報分析を行います。組織の各部門や各ITシステムに分散された情報を横断的に検索・分析することで、これまで気が付かなかった結果を可視化、正しい意思決定やリアルタイムアクションに繋げていきます。

あらゆるデータソース、データ形式をリアルタイム検索、分析、可視化

  1. 様々な種類のデータを収集・分析
    Elasticsearchを搭載したElastic Stackは、分散型で完全にインデックス化された検索・分析エンジンであり、ユーザーは組織内に散在する数字、テキスト、地理情報、構造化データ、非構造化データなど、あらゆる種類のデータを収集・分析することができます。
  2. 優れたスケーラビリティ
    オンプレとクラウドサービスとして提供されているElastic Stackは、サーバ1台のレベルから、数百台を並行動作させペタバイト単位のデータ処理ができるスケーラビリティを持っています。
  3. セキュリティリスクを自動で検知
    機械学習を用いた異常検知機能により、モニタリング対象のネットワーク機器の障害検知やセキュリティリスクの自動検知に利用できます。

Elastic Stackを構成する製品群

Elastic Observability(オブザーバビリティ)

システム全体の動作業況を、一元的に可視化しシステム管理者の負担を大幅に低減

従来、IT機器やソフトウェアのログは障害監視や稼働監視等の機器のトラブル対応のために利用されてきました。しかし、企業が活用する機器やアプリケーション、そしてクラウドの利用拡大などにより、多種多様で膨大なログ、メトリック、トレースデータが記録され、企業の担当者はそれらの情報を統合的に管理しなければなりません。

 Elastic Observability

「Elastic Observability」は、あらゆるクラウドシステム/オンプレシステム/ハイブリッドクラウドシステムのログ、メトリック、監視データを一元的に分析・可視化することで、システム管理者の負担を大幅に低減します。

Elastic Observabilityのイメージ
Elastic Observabilityのイメージ

Elastic Enterprise Search(エンタープライズ サーチ)

企業内に散在するデータから、欲しい情報を即座に見つける社内横断検索

ITを積極的に活用する企業でも、イントラネットの情報やファイルサーバ、グループウェア、社内SNS、そして営業支援システムの情報を、横断的に検索することは、できていないのではないでしょうか。会社の在籍期間が長い方は、企業内のシステム全般に精通していて、複数のシステムを使い分けることに慣れているかもしれません。

Elastic Enterprise Search

しかし、入社間もない社員が、すべての情報システムを使いこなせるまでどのくらいの経験が必要でしょうか。また、お客様と打ち合わせ中に、急に資料を探したいときに複数あるツールをスムーズに使いこなせるでしょうか。そして、企業内であなたの知らない情報システムに、今あなたが必要な情報が掲載されていたとして、それらの情報を見つけ出すことはできるでしょうか。

「Elastic Enterprise Search」は、このような課題を解決するため社内システムを横断的に検索して、必要な情報を即座に見つけることができます。

Elastic Enterprise Searchのイメージ
Elastic Enterprise Searchのイメージ

Elastic Security(セキュリティ)

いつ発生するともわからないサイバー攻撃を、複数の情報ソースから検知する

今や、セキュリティ対策は企業の義務として認知されています。多くの企業は、パソコンのセキュリティ対策ソフト、ファイアウォールやIPSなどの境界防御、メールやWebサーバなどサーバ保護製品などのセキュリティ対策を行っています。しかし、これらが発する警報を、一元的に管理・活用できていますか?

Elastic Security

「Elastic Security」は、あらゆるセキュリティ機器の発するイベントを一元的に可視化させることにより、セキュリティ担当者の負担を軽減し、企業のセキュリティレベルを向上させます。

Elastic Securityのイメージ
Elastic Securityのイメージ

Elastic Stackを活用したソリューション

営業支援システム

社内に散在する営業関連情報を、Elastic Stackを活用することで横断的に検索することができます。Web検索ライクな「手軽さ」で、求めるデータに辿りつく手間と時間を大幅に改善するため、お客様先に訪問する前の準備や営業先選定の分析など、営業活動のあらゆるシーンを強力に支援します。

営業支援システムの概念図
営業支援システムの概念図

社内に点在する、商材に関するカタログや提案資料、イントラネットのWebサイトに掲載されたキャンペーン情報、グループウェアに共有された情報、SFAに記録されたお客様の課題などの情報等の情報を、すべてインデックス(索引付け)し、検索画面を介して最適な情報を見つけ出すことができます。

複数のシステムに精通する必要が無く、社員教育の手間が省けることと、情報を保存しているシステム存在を知らなかったがために有用な情報に気が付かない、ということを解消します。

セキュリティダッシュボード

セキュリティ対策は今や企業の責務です。企業が活用している膨大なネットワーク機器、端末、センサーデバイス(FW、UTM、WAF)、メール等あらゆるセキュリティログをElastic Stack上に一元的に収集し、ダッシュボードを介して経営層やIT管理者など必要な方にセキュリティ対策状況を把握していただけます。

セキュリティダッシュボード
セキュリティダッシュボード

社内の重要データへの不正アクセスにより情報が盗み取られ、しかも内部犯行が疑われているケースを考えてみましょう。多くの社員が日常的に、会社支給のコンピュータを扱っています。ドメインにログオンし、機器を操作し、ネットワークリソースにアクセスし、ファイルやデータベースの操作をします。そしてインターネットへのアクセスや外部記憶装置へのアクセスをしています。これらの活動を人間の目で「監視」することは不可能です。しかし、情報システムの各機器には全ての情報がログとして記録されています。社員がいつドメインにログオンしたのか。どの端末を使用しているのか、そのサーバに接続し、何を手に入れ、何をインターネットに送信したのか。

しかし、残念ながらこれらの情報は、ドメインコントローラやファイルサーバやグループウェア、データベースサーバ、プロキシサーバやファイアウォールなど分散した機器に保存されています。そのため、各データの整合性を取り相関関係を導き出すことを人間が行うことは現実的ではありません。

しかし、このようなセキュリティダッシュボードがあれば、人の目や作業に頼らず、効果的なデータ収集、分析、可視化までが一括して行えます。

価格

お客様のご依頼内容や環境によりますので、個別にお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

「Elastic Stack(エラスティック スタック)」に関するお問い合わせ