株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

セキュリティ製品

Trend Micro Deep Security

物理・クラウド環境のサーバを統合的に守る、サーバ向けセキュリティ対策製品

Trend MicroのDeep Securityは、物理・クラウドなど、多様な環境のサーバを保護します。サーバセキュリティに必要な複数の機能を1つの保護モジュールに実装する統合サーバセキュリティ対策製品ですので、機能ごとにセキュリティ対策製品を用意、管理する必要がなくなり、コスト・運用負荷を最小化しつつ、社内のセキュリティポリシーの統一化を実現します。

トレンドマイクロ Deep Security ロゴ

Deep Securityの特徴

多様なサーバ環境でご利用頂ける製品で、企業のICT環境への変化にも迅速に対応することが可能です。
Deep Securityは、物理・クラウドが混在するハイブリッド環境におけるサーバに対する多層防御を提供します。

Deep Securityは、物理・クラウドが混在するハイブリッド環境におけるサーバに対する多層防御を提供

Deep Security 7つの機能

Deep Securityではサーバ保護に必要な以下の7つのセキュリティ機能を提供します。

Deep Securityではサーバ保護に必要な7つのセキュリティ機能を提供

不正プログラム対策

不正プログラム対策

トレンドマイクロのSmart Protection Network(SPN)を活用することで、最新の脅威情報を用いて不正プログラムを検知/防御することが可能です。

Webレピュテーション

Webレピュテーション

サーバからWebアクセスを行った場合、そのURLの安全性を確認し、不正であった場合は、接続をブロックすることができます。

ファイアウォール

ファイアウォール

レイヤ2-4をカバーする詳細なポリシー設定が可能です。ホスト型であるため、ネットワーク外からの攻撃だけでなく、感染端末による社内ネットワークからサーバへの通信の防御を実現することができます。

侵入防御

侵入防御

脆弱性が発覚してから正規パッチがリリースされるまでの間、仮想パッチにより、本脆弱性を衝くゼロデイ攻撃のリスクを軽減することが可能です。

変更監視

変更監視

ファイルやディレクトリ、レジストリ等を監視し、不正な変更が加わった場合にいち早く検知します。

セキュリティログ監視

セキュリティログ監視

OSやアプリケーションからの膨大なログエントリに埋もれて見逃しがちな重大なセキュリティインシデントを効率的に発見することが可能です。

アプリケーションコントロール

アプリケーションコントロール

ソフトウェアを監視し、承認されていないソフトウェアを検知し、当該ソフトウェアの実行を許可/ブロックできます。

システム構成

Agentの導入先は物理(オンプレミス)、クラウド上にインストールが可能です。

Agentの導入先は物理(オンプレミス)、クラウド上にインストールが可能

コンポーネント

Deep Securityは、次のコンポーネントセットで構成されています。これらは連携して動作し、保護を提供します。

DSM(Manager)

DSM(Manager)

Deep Security Manager(DSM)では、Agentのセキュリティポリシーの作成/管理や、検知・ブロックされたログの集中管理を行うことができます。状況を把握するためのダッシュボードやレポートの作成、サーバに対するタスクを作成するなど、Deep Securityにおけるすべての管理処理を実行します。

※ DSの動作に最低限必要なコンポーネントです。

DSR(Relay)

DSR(Relay)

Deep Security Relayは、コンポーネントのアップデートを実行します。Relayサーバはインターネット上から最新コンポーネントをダウンロードし、DSAに最新コンポーネントを配信します。そのため、Relayサーバは必ず1台は必要になります。
DSRは単体のコンポーネントとして存在するものではなく、DSのAgentにリレーの役割を追加することで、上記の役割を果たします。

※ DSRは規模によってはDSMと同居可能です。

※ DSの動作に最低限必要なコンポーネントです。

DSA(Agent)

DSA(Agent)

Deep Security Agent(DSA)をサーバにインストールすることで、最小限のリソースで最大限のセキュリティ保護を提供します。

Notifier

Notifier

NotifierはDeep Securityの保護マシン内で動作し、検索開始/ブロック等のアクション発生時にユーザにポップアップ通知を表示します。
Notifierがクライアントマシン上で占有するスペースは小さく、必要なディスク容量は1MB未満、メモリサイズは1MB未満です。

SPS

SPS

Smart Protection Server(SPS)は、Webレピュテーションおよびファイルレピュテーションのデータベースを保持するサーバです。
SPSを構築することで、トレンドマイクロのクラウドデータベースに直接問い合わせを行う必要がなくなるため、DSAが検索を行う際のトラフィック削減が見込まれます。

システム要件

トレンドマイクロ社のシステム要件をご参照ください。

総合サーバセキュリティ Trend Micro Deep Security™

お問い合わせ

Trend Micro Deep Security
に関するお問い合わせ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top