株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

緊急対応サービス

緊急事故対応サービス「サイバー119®

Inspection & Consulting

情報セキュリティ事故の発生時に、頼りになるラックの緊急事故対応サービス

企業の様々な情報セキュリティ事故発生時に、ラックの事件・事故対応ノウハウによって、迅速に調査、原因究明、復旧を行う緊急事故対応サービスです。マルウェアなどのウイルス感染やサイバー攻撃、Webサイト改ざん、情報漏えいなどのサイバー事件の疑いや、被害などが発生したらすぐにご連絡ください。

サービスの強み

豊富な経験と迅速な対応で、セキュリティ事故被害を最小限に抑える

ほとんどの情報セキュリティ事故は「発生したかも知れない」という段階から始まります。事実関係や原因を確認している間にも、事態が急速に悪化することもあります。マルウェア感染、不正アクセス、機密情報や個人情報の漏えいなどの疑いがあった場合は、迷わずラックのサイバー救急センター窓口「サイバー119」にご連絡ください。事故対応のエキスパートが、「事業継続」と「顧客保護」を第一に、迅速な復旧ができるよう支援します。

サイバー攻撃に遭ったら迷わずサイバー119へ

ラックがサイバー事故対応で信頼される理由
それは、お客様第一で考え行動するから

  1. 国内3,000社以上
    緊急事態対応の実績
    ラックの「サイバー救急センター」のスタートは2000年。これまで国内企業3,000社の緊急事態に対応し、信頼と実績を積み重ねてきました。単なるインシデントへの対処だけではなく、企業の事業継続とそのお客様の保護を最優先に考えた対応を行います。
  2. 24時間365日
    企業の緊急事態をレスキュー
    「サイバー救急センター」の名のとおり、企業の緊急事態を24時間、365日いつでも迅速にレスキューします。現状把握と原因の分析、必要に応じてお客様のもとに駆けつけ、被害拡大防止・保全に関する一次アドバイスを迅速に行います。
  3. 救急から調査、復旧、再発防止まで
    全てをサポート
    情報セキュリティ事故対応は初動対応に始まり、機器の保全や調査、被害拡大の防止、対外コミュニケーション、復旧と再発防止まで、広範囲にわたるタスクを速やかに実行しなくてはなりません。幅広い産業分野へ対応してきたラックの経験が企業の緊急事態を救います。

情報セキュリティ事故対応に必要な6つのステップ

  1. 初動対応 / インシデント レスポンス
    専用窓口で状況をヒアリングし、原因や想定範囲を推測した上で被害拡大防止・保全に関する一次アドバイスを行います。
  2. 保全・保全支援
    調査対象のストレージ(ハードディスク等)全体のイメージコピーをつくり、事故状態の保全を行います。
  3. 調査・解析
    不正アクセスの侵害原因や情報漏えい等の影響調査を行い、調査結果報告書を提出します。また、報告書に事業継続のための再発防止策を提言します。
  4. ダメージコントロール策の実施支援
    調査・解析の実施と並行して、お客様の事業へのダメージを最小に抑える施策の実施を支援します。
  5. コミュニケーション支援
    顧客への状況説明、謝罪、メディアや関係機関等へのコミュニケーション支援を行います。

その他、相談できるセキュリティ対策

情報セキュリティプランニング

情報セキュリティプランニングサービスは、6つのステップで、情報セキュリティアセスメントを実施し、実装計画を策定します。

情報セキュリティプランニング

セキュリティ教育・訓練

「ラックセキュリティアカデミー」では、専門性の高い講師陣による実践的な情報セキュリティ教育プログラムにより人材育成に貢献します。セミナー、ウェビナー、イーラーニングなど、企業の都合に合わせたオーダーメイドトレーニングも可能です。

セキュリティ教育・訓練

導入事例

株式会社テイパーズ様:初期調査から調査・分析、風評被害対策までの支援により事業リスクを回避

価格

お客様の状況、ご要望される内容によって金額が異なります。お問合せ時に個別見積もりとなります。

「緊急事故対応サービス「サイバー119」」に関するお問い合わせ
サイバー攻撃に遭ったら迷わずサイバー119へ

緊急対応サービス「サイバー119」は、JASA「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に登録されています。

詳しくみる