株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

データ分析関連製品

Elastic Stack(エラスティック スタック)

Elastic Stackとは、Elastick社が提供する、Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstashの総称で、様々なソースからデータを取得し、リアルタイムに検索、分析、可視化することができるソリューションです。

Elastic Stackロゴ
Elastic Stackの概要
Elastic Stackの概要

データから隠された真実を見つけ出すソリューション

企業が活動するとき、膨大な量の「情報(データ)」が生み出されます。しかしながら、ほとんどの企業ではそれらの情報を有効に活用できていません。

たとえば、24時間365日稼働し続ける情報システムが常に記録し続けている社員の行動や警報などのログデータ。工場のラインで稼働する各種センサーの発するデータ。世界中に配置された機器の死活監視のデータ。日々の業務で無視されがちなデータから、貴重なインサイト(真実)が得られるとしたら、どうでしょう。

また、企業内に分散して配置されてしまっている膨大な量の資料や、社員間の意見交換の内容などから、新しい商材への企画やマーケティング活動のヒントが得られるとしたら、どうでしょう。そして、日夜繰り広げられるサイバー攻撃から、犯罪者が本気で攻撃を仕掛ける予兆をセキュリティ機器の膨大なデータから把握できていたら、どうでしょう。

企業内には膨大な量のデータが蓄積されていますが、多くの企業ではそれらのデータに気を留めることはありません。なぜなら、人間が自ら収集、把握できるのは膨大なデータのごく一部に限られています。しかし、大きな事象の背景には必ず小さな兆候があり、小さな兆候の先にこそ大きな事象の必然性があると言えます。

各種の情報を収集し、索引付けしたうえで分析をすることで、隠された真実を知ることができるソリューション、それがこれからの時代に必要な分析ソリューションです。

Elastic Stackを構成する製品群

Elastic Observability Elastic Observability(オブザーバビリティ)

システム全体の動作業況を、一元的に可視化しシステム管理者の負担を大幅に低減

従来、IT機器やソフトウェアのログは障害監視や稼働監視等の機器のトラブル対応のために利用されてきました。しかし、企業が活用する機器やアプリケーション、そしてクラウドの利用拡大などにより、多種多様で膨大なログ、メトリック、トレースデータが記録され、企業の担当者はそれらの情報を統合的に管理しなければなりません。

「Elastic Observability」は、あらゆるクラウドシステム/オンプレシステム/ハイブリッドクラウドシステムのログ、メトリック、監視データを一元的に分析・可視化することで、システム管理者の負担を大幅に低減します。

Elastic Observabilityのイメージ
Elastic Observabilityのイメージ

Elastic Enterprise Search Elastic Enterprise Search(エンタープライズ サーチ)

企業内に散在するデータから、欲しい情報を即座に見つける社内横断検索

ITを積極的に活用する企業でも、イントラネットの情報やファイルサーバ、グループウェア、社内SNS、そして営業支援システムの情報を、横断的に検索することは、できていないのではないでしょうか。会社の在籍期間が長い方は、企業内のシステム全般に精通していて、複数のシステムを使い分けることに慣れているかもしれません。

しかし、入社間もない社員が、すべての情報システムを使いこなせるまでどのくらいの経験が必要でしょうか。また、お客様と打ち合わせ中に、急に資料を探したいときに複数あるツールをスムーズに使いこなせるでしょうか。そして、企業内であなたの知らない情報システムに、今あなたが必要な情報が掲載されていたとして、それらの情報を見つけ出すことはできるでしょうか。

「Elastic Enterprise Search」は、このような課題を解決するため社内システムを横断的に検索して、必要な情報を即座に見つけることができます。

Elastic Enterprise Searchのイメージ
Elastic Enterprise Searchのイメージ

Elastic Security Elastic Security(セキュリティ)

いつ発生するともわからないサイバー攻撃を、複数の情報ソースから検知する

今や、セキュリティ対策は企業の義務として認知されています。多くの企業は、パソコンのセキュリティ対策ソフト、ファイアウォールやIPSなどの境界防御、メールやWebサーバなどサーバ保護製品などのセキュリティ対策を行っています。しかし、これらが発する警報を、一元的に管理・活用できていますか?

「Elastic Security」は、あらゆるセキュリティ機器の発するイベントを一元的に可視化させることにより、セキュリティ担当者の負担を軽減し、企業のセキュリティレベルを向上させます。

Elastic Securityのイメージ
Elastic Securityのイメージ

Elastic Stackを活用したソリューション

営業支援システム

社内に散在する営業関連情報を、Elastic Stackを活用することで横断的に検索することができます。Web検索ライクな「手軽さ」で、求めるデータに辿りつく手間と時間を大幅に改善するため、お客様先に訪問する前の準備や営業先選定の分析など、営業活動のあらゆるシーンを強力に支援します。

営業支援システムの概念図
営業支援システムの概念図

社内に点在する、商材に関するカタログや提案資料、イントラネットのWebサイトに掲載されたキャンペーン情報、グループウェアに共有された情報、SFAに記録されたお客様の課題などの情報等の情報を、すべてインデックス(索引付け)し、検索画面を介して最適な情報を見つけ出すことができます。

複数のシステムに精通する必要が無く、社員教育の手間が省けることと、情報を保存しているシステム存在を知らなかったがために有用な情報に気が付かない、ということを解消します。

セキュリティダッシュボード

セキュリティ対策は今や企業の責務です。企業が活用している膨大なネットワーク機器、端末、センサーデバイス(FW、UTM、WAF)、メール等あらゆるセキュリティログをElastic Stack上に一元的に収集し、ダッシュボードを介して経営層やIT管理者など必要な方にセキュリティ対策状況を把握していただけます。

セキュリティダッシュボード
セキュリティダッシュボード

社内の重要データへの不正アクセスにより情報が盗み取られ、しかも内部犯行が疑われているケースを考えてみましょう。多くの社員が日常的に、会社支給のコンピュータを扱っています。ドメインにログオンし、機器を操作し、ネットワークリソースにアクセスし、ファイルやデータベースの操作をします。そしてインターネットへのアクセスや外部記憶装置へのアクセスをしています。これらの活動を人間の目で「監視」することは不可能です。しかし、情報システムの各機器には全ての情報がログとして記録されています。社員がいつドメインにログオンしたのか。どの端末を使用しているのか、そのサーバに接続し、何を手に入れ、何をインターネットに送信したのか。

しかし、残念ながらこれらの情報は、ドメインコントローラやファイルサーバやグループウェア、データベースサーバ、プロキシサーバやファイアウォールなど分散した機器に保存されています。そのため、各データの整合性を取り相関関係を導き出すことを人間が行うことは現実的ではありません。

しかし、このようなセキュリティダッシュボードがあれば、人の目や作業に頼らず、効果的なデータ収集、分析、可視化までが一括して行えます。

Elastic社

米国・カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置くElastic Stack
(Elasticsearch、Kibana、Beats、Logstash)という製品群を展開している企業です。Elasticの提供する製品の多くはオープンソースソフトウェアとして知られ、世界中の多くのソフトウェア開発者が、製品の開発や応用開発に取り組んでいます。

Elastic社の最初の製品であるElasticsearchは、創業者のシャイ・バノンが妻の料理レシピの検索に向けたシステム開発を行ったところから始まり、その検索エンジンをオープンソースとしてリリースし現在に引き継がれています。

検索エンジンへの取り組みを進める中で、Elastic社は、「検索」という行為に対して独自の考え方を獲得してゆきます。「検索」といえば、検索エンジンにキーワードを入れると膨大な数のコンテンツが検索され、その上位10件が表示される従来の検索をイメージしますが、検索とはそれだけにとどまらないという考え方です。

検索の結果をインフォグラフのように可視化させる、検索数をより目的の内容を想定し絞り込む、高度なフィルタリング機能が提供されていることが検索の機能としています。またコンテンツの構造を解析し属性をマッピングしたり、データの中から通常ではない状況を見つけ出し、またその延長線上で今後の予測をすることも同様に検索の一部と考えています。そして、検索するときに与えられる言葉を、自然言語解析することも検索の一つだとしています。

このように、「検索」に対する飽くなき追求に取り組むのがElastic社の特徴であり、オープンソースによる柔軟で大規模なシステム開発、そして多くの利用者による膨大な導入経験がElastic社の製品の強みです。

お問い合わせ

Elastic Stack
に関するお問い合わせ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top