株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年04月17日 | ラックピープル

ラグビー日本代表 山田章仁です。(第40回)

ラグビーの日本代表として世界の強豪に挑み続け、その歩みそのものも「型」にはまらない山田選手。
当社は山田選手のモットーである「BREAK THROUGH=殻を破れ」に共感し、2015年から応援し続けています。

ラックの皆さん、そしていつも応援してくれる多くの皆さん、こんにちは。

ラグビー日本代表の合宿で練習漬けだった2月が終わり、3月はというと...
はい、引き続き合宿をしておりました。千葉と沖縄でのトータル2週間の合宿です。

場所は千葉県浦安市にあるNTTコミュニケーションズ アークス浦安パーク。
合宿後のニュージーランド(NZ)遠征に向けて実戦形式で仕上げていきたいところですが、まだまだ基礎トレーニングの日々でありました。

そんななか、私はちょっと足を痛めてしまい、大事をとって練習をお休みし、患部に負荷をかけない基礎トレーニングを継続。他のメンバーが走り回るグラウンド練習を外から見学し、チームの戦術を勉強する毎日となりました。

グラウンドの外から全体練習を見てチーム戦術を勉強

グラウンドの外から全体練習を見てチーム戦術を勉強

浦安でのわずか4日間の合宿が終わり、ちょっとだけの週末オフを過ごした後は、早速次の合宿地である沖縄県の残波岬ボールパークに出発です。沖縄では間近に迫るNZ遠征を含めた試合シーズンを見据え、戦術理解やコミュニケーション強化といった作業に入りました。

私もここ沖縄合宿からチーム練習に合流し、チームのメンバーと時間を共有。足のケガから復帰したばかりということもあり、メンバーが行う練習とは別にエキストラトレーニングも決行。
その名も「ベーコン・アンド・エッグ・トレーニング」。意味はそのまま、朝イチ、つまり朝食前の自主トレーニングです。

ネーミングのセンスはなかなかのものだと思いますが、実際はそんなオシャレなものではなく、心肺機能を高めるためのバイクとローイング(ボート漕ぎ)に加え、当たり負けしない体づくりのためにボクシングで痛めつけるトレーニングです。

朝食前とは思えないほどハードなトレーニング

朝食前とは思えないほどハードなトレーニング

この合宿では試合に向けた仕上げに加え、プロの柔術家を招き、寝て起きる動作の繰り返しや、低いポジションでの身体の使い方の勉強に取り組みました。

柔術を取り入れて身体の使い方を勉強

柔術を取り入れて身体の使い方を勉強

合宿中は、チームのみんなと生活を共にして練習しているわけですが、何も身体を使うことだけが練習ではありません。ミーティングもスタイルを変え、ワークショップ形式で3時間みっちりといった日もありました。

さらにプロのメンタルコーチを招き、チームとはどうやって作り上げていくのか、個人としてもどうやって結果を残していくのかといったお話をしていただきました。

勇気を持って行動することが自分を変えることのできる一番の方法だという教えのもと、「羊になるよりライオンになれ!」そんな講義を受け、チーム一同、より練習に身が入ったのは自然なことでありました。

チームワークもバッチリ

チームワークもバッチリ

チームの仕上がりが良くなってきたところで、いよいよNZ遠征に出発です。 と、その前には一週間のオフがあり、私は家族に会いにハワイに帰っておりました。

話が前後してしまいますが、メンタルコーチは、結果を残すにはオン、オフのメリハリが大事だともおっしゃっていました。

ハワイに帰る途中の飛行機の中ではそんな話を思い返し、日付変更線を境に見事にスイッチオフ。とはいきませんが、ハワイではしっかりリフレッシュすることができ、いよいよ目前に迫ったNZ遠征に備えます。

ハワイのビーチでリフレッシュ

ハワイのビーチでリフレッシュ

ハワイからいったん成田に戻り、チームメイトと一緒にNZへ。
この遠征では2試合予定されており、1試合目の場所はNZの首都ウェリントンです。

初戦の相手はスーパーラグビーチーム、ハリケーンズのBチーム。
前半こそ我々がいいリズムをつかんでいたのですが、最後は勢いを持っていかれ、31-52で敗戦となりました。

NZ遠征の初戦でハリケーンズのBチームと対戦

NZ遠征の初戦でハリケーンズのBチームと対戦

初戦での反省を生かすべく、次の戦いに向けてチームはウェリントンを後にしました。
第2戦の相手はまたもやスーパーラグビーのチーム、ハイランダーズのBチームです。
4月に入って最初の週末に第2戦を迎えます。

このブログを書いている今は3月末。4月はぜひとも勝っていいスタートを切りたいと願うばかりで、私にとっては今シーズン初試合でもあり、気合を入れて戦ってくるつもりです。

ここで一つ皆さんにお知らせ。 NZ遠征途中ではありますが、このたび、私、山田章仁は、2019年3月31日をもちまして9年間お世話になったパナソニックワイルドナイツを退団することになりました。

ラックの皆さんには試合会場含め、こちらのブログやSNS等でパナソニックワイルドナイツへの多大なるご声援をいただき、大変感謝しております。
パナソニックワイルドナイツではラグビー選手としてのスキルはもちろん、一選手として、また一社会人として、多くのことを学ぶことができました。

それに加え、周りには頼れるコーチの方々、大勢のチームメイトという恵まれた環境で、公私ともに助けられ、激動の時代の中で日本代表のキャリアを築けました。
ラックの皆さんにはこの間、温かく見守っていただき、心強く思っておりました。本当にありがとうございました。

9年間お世話になったパナソニックワイルドナイツを退団

9年間お世話になったパナソニックワイルドナイツを退団

パナソニックの山田章仁としての近況報告は今月で最後になりますが、今後も日本代表での活動、また新しいチームのお話もたくさんできればと思っております。

スポーツ界の移籍というのは、一般企業でいう同業他社さんへの転職のようなものでしょうか。新しい環境で新しい仲間と一つでも多く、良き思い出を作っていけるよう頑張りたいと思いますので、新しいチームでの山田章仁もなにとぞよろしくお願いします。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top