株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2018年07月05日 | ラックピープル

【ラグビー】パナソニック ワイルドナイツ 山田章仁です。(第31回)

ラックの皆さん、そしていつも応援してくれる多くの皆さんこんにちは。
6月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は日本代表の活動で、毎日しっかりラグビーをやっていました。
まずは宮崎合宿からです。
宮崎といえば、私には地獄の合宿というイメージがあります。というのも、前回のワールドカップの前にここで猛特訓をしていた思い出が強烈に残っているからです。
その宮崎に戻り、また日本代表として合宿ができるということで嬉しさ反面、ちょっとの怖さもありました。

始まってしまえば、終わるもので、一週間の合宿もあっという間に終わり、みんな充実の表情をしていました。

宮崎での合宿

宮崎での合宿を終えて都内に戻り、今回の日本代表シリーズ第1戦、強豪イタリア代表との試合に備えます。現在、日本代表はどのようなラグビーをしているかというと、強みであるフィットネス(ラグビーでは持久力や瞬発力、筋力、柔軟性など、総合的な『体力』を意味する)を生かし、プレータイムを伸ばす戦い方への進化を目指しているところです。

ラグビーにはボールインプレーという、実際にプレーしている時間を意味する言葉があります。通常は一試合、前後半40分ずつで、そのうち25分から30分程度がボールインプレーになっています。我ら日本代表は対戦相手を休ませない試合展開に持ち込むため、ボールインプレーを40分まで延ばせるように、日々トレーニングに励んでいます。

その甲斐もあって、第1戦は会場である大分銀行ドームに足を運んでくれたたくさんのお客さんの前で34−17というダブルスコアで勝利します。

ラグビークリニック

私はメンバー外で、試合前からラグビークリニックを開催。親子教室ということで皆さん非常に盛り上がっていました。

続く第2戦もイタリア代表との試合で、こちらは神戸での開催でした。
強豪を相手に連勝、といきたかったところですが、意地を見せてきたイタリア代表に22−25と惜しくも負けてしまいます。
この日も私はメンバー外でしたが、ここでもラグビークリニックは大盛り上がり。

ラグビークリニック

試合は接戦で非常に楽しく盛り上がったのですが、やはり勝たなければ意味がありません。

そしてこのシリーズ勝ち越しを目指し、最後のジョージア代表戦に備えます。

日本代表としての活動期間中は、練習や試合だけではなく、チームビルディングとして屋形船でのディナーやヨガ体験、試合前のゲストスピーカーといったようにイベントもたくさんあり、チームの一体感を高めます。CM撮影、テレビ収録といった、息抜きとなる企画もありました。

チームビルディング

チームビルディング

チームビルディング

最終戦が行われたのは、豊田スタジアムというとても大きな会場で、私たちは最高の結果を見せたいと意気込んで臨みました。今回は私も先発出場し、グランドを走り回りました。

天候が少し悪かったのですが、28−0でジョージア代表に快勝し、集まってくれたたくさんのお客さんに引き締まった素晴らしい試合をお見せすることができました。ラグビーでは、このレベルの代表チームを相手に「完封勝ち」するのは非常に珍しいことです。

2勝1敗で終えた今回の日本代表シリーズ。自分たちの強みを見つけ、より強固なものにするという作業に徹することで、見事勝ち越して終えることができました。

日本代表といえば、サッカーワールドカップで日本代表チームも奮闘していました。グループリーグを見事突破し、決勝トーナメントに駒を進めた6月でもありました。

また、日本代表としての活動の裏で、スーパーラグビーではサンウルブズがオーストラリアのブランビーズとの対戦もしており、31−40で負けてしまいましたが、アウェーで奮闘した仲間の姿にパワーをもらいました。

そのサンウルブズ、日本代表の活動が終わった翌日に集合し、私も含めチームはシンガポールに飛び立ちます。相手は南アフリカの強豪ブルズ。

シンガポールはサンウルブズのホームゲームという位置付けで、今シーズンは日本、香港での勝利に続き、何としても勝利してシーズン3勝目、シンガポールでの初勝利といきたいとブルズに挑みました。

私も11番で先発出場。試合はまれに見るシーソーゲームとなりましたが、最後は見事逆転に成功し、42−37でシンガポールの皆さんに勝利をお届けできました。

ブルズに挑みました

この後、飛行機の中で7月を迎え、サンウルブズは今シーズンの残り2試合が行われるオーストラリア遠征に出発。
こちらは真冬ですが、暑くなってきた日本では皆さん、体調に十分お気をつけください。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top