株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

LAC WATCH
2020年02月12日 | ラックピープル

ラグビー 山田章仁です。(第50回)

ラグビーの日本代表として世界の強豪に挑み続け、その歩みそのものも「型」にはまらない山田選手。
当社は山田選手のモットーである「BREAK THROUGH=殻を破れ」に共感し、2015年から応援し続けています。
ラグビーワールドカップ2015 日本代表。

ラックの皆さん、そしていつも応援してくれる多くの皆さん、こんにちは。
トップリーグ(TL)が開幕してはや1カ月が経ち、1月には3試合を消化しました。
戦績は1勝2敗。

まずは開幕戦。怪我をした箇所も癒えて何とかこの日に間に合い、14番のウィングで先発での出場となりました。
試合内容の前にまず驚いたことは、会場となった秩父宮ラグビー場周辺は試合開始前から開門を待つ人で大混雑だったこと。4年前のワールドカップ2015イングランド大会直後の開幕戦をはるかに超えるお客さんの数で、今シーズンの明るい未来を実感しました。
この日は秩父宮だけではなく、全国各地で開幕戦が行われたわけですが、どの会場もとても多くのお客さんでにぎわっていた模様でした。

さて、肝心の試合のお話。私たちNTTコミュニケーションズシャイニングアークスは日野レッドドルフィンズを相手に29-20で見事勝利。途中までリードを許し、何度もピンチを招く苦しい展開ながらも逆転勝利。素晴らしいシーズンのスタートとなりました。

開幕戦は見事な逆転勝利!
開幕戦は見事な逆転勝利!

翌週2戦目の相手は強豪サントリーサンゴリアスです。こちらも秩父宮で開催され、多くのお客さんの来場が期待されたのですが、何とこの日は極寒。朝からみぞれが降り続き、試合中も寒くて凍えそうでした。プロになって一番寒い中での試合だったといっても過言ではありません。プレーしている私たちが寒いと思うくらいなので、スタンドのお客さんたちはどれほど寒かったことでしょう。

試合はサントリーに先制を許し、逆転に向けて後半に全てをかけたものの、5点差まで追いついたところで追加点を取られてノーサイドの笛。もう一歩ついていけず22-10と苦い敗戦となりました。

極寒の中でも気合いを入れて
極寒の中でも気合いを入れて

1月はここからが大変でした。というのも、試合は勝っても負けても毎週続くわけで、この敗戦の後にもまた新しい週が始まります。
15節という長いシーズンのまだ2戦目が終わったばかりだというのに、チームは崩壊気味。サントリー戦のショックを引きずりながら一週間を過ごしていたのです。
こんな時、チームをまとめようと動くとそれがかえって混乱を生むので、そこはリーダー陣に任せ、自分の役割を全うすべく、毎日の練習でのスキルアップに努めました。

試合の勝ち負けというのは個人的にはあまり気にしません。もちろん勝負事なので勝つに越したことはないのですが、結果によって組織がブレてしまうことだけは避けたい。そういった意味では、組織をまとめる一番の処方箋は結局のところ、試合に勝つこと。矛盾しているのは承知のうえですが、何としてでも勝ちたい気持ちになっているのも事実であります。

そんな中で3戦目、クボタスピアーズ戦を迎えます。
試合は開始早々、相手に勢いを持って行かれ0-21と防戦一方。これはまずいとチームも奮闘。後半は開始早々勢いに乗り、一気に逆転して6点差で試合時間は残り4分。しかし、何と試合終了間際にゴールポスト真下にトライされ、ゴールも決められて、27-28で逆転負け。本当にあと一歩のところで勝ち星を逃す形となってしまいました。

今シーズン初めてのフル出場
今シーズン初めてのフル出場

それでもまだまだシーズン序盤。チームもこれからどんどん、まとまっていくと信じて、ひたすらパフォーマンス向上に努めるのみ。この状況、もちろんチームとしては望ましくないのですが、個人的には久しぶりに勉強になる充実の日々を過ごせています。勝ち負けに苦しむチームの中でどうしたら自分の仕事ができるか。どのように仕事をするといい方向に進んでいくのか。チームに対する直接的なアプローチはリーダー陣に任せるという話を先ほどしましたが、私自身は間接的なアプローチに努め、勉強していきたいと思っています。

冒頭に書いたように、スタジアムにはたくさんのお客さんが来てくれました。ラグビーを取り巻く環境が大きく変わったからこそ、選手としてもさらに盛り上げていくためのアプローチをしっかりしないといけない。そういう思いから初めてファンイベントを企画し、開幕戦後に実施しました。

スタジアム近くのお店を貸し切り、集まっていただいた多くのファンの皆さんと、食事をしながらビデオで開幕戦を振り返りました。これは私を含む出場選手による解説付きです。

まずは乾杯!
まずは乾杯!

解説者山田のデキはいかに?

解説者山田のデキはいかに?

他にも「Note」というサイトで試合の様子を振り返る投稿をつづったり、自分のYouTubeチャンネルでも継続して発信したり。
今後も積極的な情報発信を心がけ、勝利を目指し、さらに勝利よりも大切なものを探していきたいと思います。

まだまだ寒い日が続きますので、皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけください。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ