株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

スマートシティ セキュリティ

スマートシティ/スーパーシティ向けセキュリティサービス構想

スマートシティ/スーパーシティ向けセキュリティサービス構想

スマートフォンやキャッシュレス決済などの普及によって人々の生活にも変化の波が押し寄せています。そして情報機器だけに限らず様々な住宅設備や電子機器がネットワークに接続されるIoTも普及が進んできました。将来の地域社会においては、地域住民と行政、事業者のほぼすべてがインターネットに接続され、地域住民にむけた様々な行政、医療などの社会基盤サービスもネットワークによって利便性が向上するでしょう。このようなスマートシティ/スーパーシティにおいては住民の安心、安全を守るセキュリティサービスが必要不可欠となります。

ラックでは、これまでセキュリティ事業やシステム開発事業で培った経験を活かし、スマート化された地域社会と住民を守るための、「街全体を見守る総合的なセキュリティ分析サービス(コードネーム:town)」を発表し、その実現に向けた新規事業開発を開始いたします。

スマートシティにおける通信データから異常や想定外事象を検知するセキュリティサービス

スマートシティ/スーパーシティにおいて、地域住民の生活環境をより便利に、安全にしていくための鍵となるのは、IoT機器の活用とシステム連携、そして運用の支援体制です。

IoT Security

IoT機器ではソフトウェアが基盤に組み込まれているものも多く、様々な理由で十分なセキュリティ対策が実装されていない場合もあります。また、サイバー攻撃の対象でなくとも、機器やシステムとの組み合わせや相互の干渉によって「想定外」の動作が発生することもあります。安全な運用のためには、個々のIoT機器のセキュリティや、稼働状況を管理する必要があります。

また、機器やシステムに問題が無くても「想定外(異常事象)」が発生している場合は、地域社会に住民の安全を脅かす可能性のある事象が発生しているかもしれません。その場合は、いかに異常事象を早く正確にとらえるかが非常に重要となります。

異常事象の発見には、集積したデータの解析や判断基準をその地域の環境、サービス提供者の特徴、利用者の慣習などのさまざまな要因と併せて総合的に分析する必要があり、これは一律のサービス仕様でカバーできるものではありません。

そして、地域住民の安心が脅かされる可能性があると判断された場合には、地域事業者の提供するレスキューサービスなどと連携し、速やかに住民のもとに駆け付け安全を確認する運用支援体制の構築も必要となります。

このセキュリティサービスでは、地域で構築するシステムや運営の特性に応じ、収集したデータの適切な分析、異常検知が行なえるセキュリティ機能を提供する計画です。

セキュリティ分析ソフトウェアサービスで提供するもの

豊富な管理機能を無料で提供

IoT機器の管理

「town」では、ネットに接続されるセンサー、IoT機器のアセット管理、死活管理等の機能や監視、分析・解析を行う管理画面など、必要だと想定される基本的な機能を無料で提供する計画です。

加えて、本サービスは既存のシステム環境への導入を容易にするため、クラウドサービスでも利用可能とする予定です。

地域ごとのニーズに応える柔軟性と拡張性

地域のシステム環境

このサービスは、地域のシステム環境への組み込みが行ないやすいよう、導入作業を行うシステム開発事業者や連携する他のソフトウェアなどを限定しない、運用監視体制についても希望する地域事業者を自由に選ぶことができる柔軟性のあるサービスとする計画です。

また、機能の拡張性にも優れ、地域特性によって管理、分析の対象とするセンサーの追加や、運用に合わせた分析ルールの追加、編集も行うことができる仕様を目指します。

「town」が実現したい地域サービスの将来像

townでは、街中のセンサーから得られるデータから「異常事象」を検出するセキュリティサービスを提供し、地域社会の安全を守るスマートシティ/スーパーシティの実現に貢献することを目標としています。その具体的なサービスのイメージとして3つのケースを紹介します。

ケース1:災害に強いスマートシティ

ドローン

台風の被害が多い地域において、気象データおよび街中のセンサーからの情報を統合することで、地域の細かなエリアでの災害状況の把握や予測を行い、その情報を元に住民の避難誘導や交通の制御を行う。災害発生後には収集したデータ解析により被害状況把握のためのドローンを適切な場所へ誘導する。

ケース2:家庭の安全を守るスマートシティ

一般の家庭から異常なデータを検知

一般の家庭から、電気・ガス・水道といったスマートメーターからの異常なデータを検知した場合、設備の故障や住民の生命に関わる事故や病気の可能性が想定される。その場合に住民への安否確認や場合によってはレスキュー隊の派遣を指示し、速やかに住民の安全を守るサービスを提供する。

ケース3:交通事故から住民を守るスマートシティ

路上の人物を照らすことで通行車両に危険を知らせる

街頭の監視カメラが夜間に路上で這っているような異常な姿勢の人物をとらえた場合、その周囲の他のセンサーからの補完情報(例えば通行車両の情報)と関連付けて解析することで、交通事故など生死にかかわる危機的状況を判断できる可能性もある。その場合、監視カメラに付属したライトを遠隔操作し、路上の人物を照らすことで通行車両に危険を知らせる。

快適な街づくり、地域との共創を目指して

このスマートシティ/スーパーシティの実現には、セキュリティに特化した技術を持つ弊社と地域の自治体、事業者との「共創」が不可欠です。
弊社では、本構想「town」の実現に向けて、一緒に未来の街づくりに取り組んでいただける自治体、地域事業者を広く求めています。

お問い合わせ

スマートシティ/スーパーシティ向けセキュリティサービス構想
に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
town@lac.co.jp

いま注目されているサービス

  • teamviewer_top.png

    世界で一番支持されているリモート接続ツール「TeamViewer」が、業務効率と顧客満足度アップを実現します

  • penetration_top.png

    全セキュリティ診断のノウハウを活用した総合的セキュリティサービス「ペネトレーションテストサービス」を実現

  • Akamai.png

    サイバー攻撃の脅威からWebサイトを守り、高速で安定したサービス提供をサポート

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top