株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

緊急対応サービス

緊急対応サービス「サイバー119」

このサービスについて問い合わせる

緊急事態発生、今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

今すぐ「サイバー救急センター」までご連絡ください。TEL:0120-362-119 または メール

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し、情報セキュリティのエキスパート集団であるラックのサイバー救急センターが、これまでの多数の事件・事故への対応実績とノウハウを活かして、迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。

サイバー119サービスの概要

「サイバー119」は、セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し、情報セキュリティのエキスパート集団であるラックのサイバー救急センターが、これまでの多数の事件・事故への対応実績とノウハウを活かして、迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。何らかの原因で「個人情報や機密情報が漏えいしているかもしれない」という段階から、すでに情報漏えいが発覚し「至急対応が必要な段階」に至るまで「事業継続」と「顧客保護」を第一に、迅速にお客様の事業復旧を支援します。
相談するかどうしようか、あなたが悩んでいる間にも、状況はどんどん悪化することがあります。
今すぐ、サイバー救急センターにご相談ください。

下記のようなサイバー事件に遭われたら、今すぐ電話 0120-362-119

分類 事例
マルウェア感染の疑い
  • 不審なメール添付ファイルを開いてしまった
  • 外部組織から不審な通信発生等の通報を受けた
  • セキュリティ製品が異常を検知した
公開サーバへの
不正アクセスの疑い
  • Webサーバのコンテンツが改ざんされた
  • Web検索画面で、自社サイトのハッキングを示唆する内容が表示される
  • サーバ上に身に覚えのないファイルやコンテンツが作成されている
  • 登録会員様から、不正なログオンや処理/カード不正利用について通報を受けた
  • セキュリティ製品が異常を検知した
内部過失/不正行為の疑い
  • 本来非公開のサーバやサービス、情報を誤って公開してしまった
  • 紛失したPCが手元に戻ったが、その間不正に使用されなかったか心配
  • PCの操作記録や通信のログより、内部からの意図的な機密情報持ち出しが行われた可能性がある
その他
  • 自社のIPアドレスが外部機関のブラックリストに登録されてしまった
  • DDoS攻撃を受けている/自社からDoS通信が出ている
  • Web閲覧中の警告メッセージに従って、電話やソフトウェアのインストールをしてしまった

サイバー119サービス 対応概要

1.初動対応 / インシデント レスポンス

出動

まずはインシデントの発生状況や対応経緯をお伺いし、想定される事象の可能性から、被害の拡大防止措置や収集すべき情報に関するアドバイスを行います。

メール・電話でヒアリングを実施

  • 被害拡大の可能性がある場合、防止のための施策を提言
  • 原因・経緯・結果等の調査に必要となる情報およびその保護に関する提言
  • 必要に応じ現地に出動

今後の対応方針に関するアドバイス

  • 事業を継続するための環境変更・維持・復旧に関する提言
  • 被害者へのフォローや関係機関との調整に関する提言
  • 事態解明に向けた技術的な調査の有効性/目的と概要/制約事項に関する提言
現場確保
  • 調査の対象とする機器/記録/期間/必要な準備に関する提言
調査・報告

事前に合意する調査目的に沿い、対象機器1台あたり約2週間を目処に原因・経緯・結果等を調査・報告します。

対象機器および記録に対するフォレンジック調査により、侵害の有無や原因・経緯を調査

  • 削除された領域の復元を試み、マルウェア感染有無を調査、現存時はマルウェアを解析し、通信先や挙動を調査
  • 不正アクセスによる侵入の痕跡や、他システムへ侵入を試みた痕跡を調査
  • ログインやファイル・コマンド操作履歴等から影響範囲や被害内容を調査

報告書の提出

  • 被害拡大防止に寄与する情報や、新たな被疑端末の判明、情報漏洩等の重要事実が判明した場合は、適時速報を提出
  • オンサイトで報告会を実施し、調査結果の報告とともに、以降の対応に関するディスカッションやセキュリティ強化に向けた助言を実施
コミュニケーション支援

事案経緯や事実の公表、被害者への対応、関係機関への報告等のコミュニケーション支援を行います。

  • 被害者へのアプローチ、公表・会見のアドバイス
  • 関係機関への報告に関するアドバイス
ダメージコントロール

出動~調査・報告までのフェーズと並行して、インシデントおよびその対応が事業へ与える影響を最小化するための手段を支援します。

  • 被害範囲の特定と拡大防止
  • 継続的な侵入に対する防衛措置
  • 過剰な対応による悪影響の抑止
  • サービス継続に関する意思決定支援

2.復旧支援

事業継続のための主要機能を復旧させるための計画策定および復旧に関するシステム改修や構築等について支援します。

3.再発防止を含む対策強化支援

調査により判明した原因への対処方法の他、以降の防御・検知・復旧機能の向上のための施策に関するアドバイスを実施します。

4.相談・アフターフォロー

企業規模やリスクに応じたアフターフォローを提案します。 コンサルティングにより策定するロードマップを元に、導入、運用、教育まですべてワンストップで提供します。

  • 情報セキュリティプランニング
  • 安全なサイト構築のアドバイス、改善支援
  • Webアプリケーション脆弱性診断
  • プラットフォーム診断 IPS・WAF導入支援
  • セキュリティ監視センターJSOCによる運用監視導入支援
  • リテラシー向上のためのオフィスセキュリティ教育のご紹介丁寧な被害者へのアプローチ

ご相談(予約不要)

24時間対応しておりますので、お急ぎの方は下記より「サイバー救急センター」までご連絡ください。

  • お電話の方はこちら 0120-362-119

導入事例

株式会社テイパーズ様の導入事例を掲載しております。

株式会社テイパーズ様導入事例

サイバーサービス119に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ
03-6757-0113
受付時間9:00~17:30

いま注目されているサービス

  • Dynatrace.png

    パフォーマンスデータを定量的に管理(APM)し、素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを実現

  • Akamai.png

    サイバー攻撃の脅威からWebサイトを守り、高速で安定したサービス提供をサポート

  • Microsoft.png

    「ID管理」にフォーカスしたEMS(Enterprise Mobility + Security)というハイセキュアな新サービスを提供

  • cyber_banner_2017jpn.jpg

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top