株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

「セキュリティ診断レポート」は、ラックが提供している診断サービスの結果を分析し、傾向や知見をまとめたレポートです。システム担当者や情報セキュリティ担当者に向けた、リスク管理に役立つ内容となっています。

セキュリティ診断レポート 2018 秋の内容

2018秋号は『標的型攻撃メール訓練「成功の秘訣」』と題して、訓練の事例やノウハウを紹介しています。メール訓練担当者や情報セキュリティ担当者が、自組織で訓練を実施する際にも役立つ内容となっています。

  • 700組織の事例からみえた「メール訓練の傾向」
  • 訓練担当者が知るべき「メール訓練のコツ」

目次

  • はじめに
    「サイバー攻撃を疑似体験する」
    標的型攻撃メール訓練という選択
  • 傾向分析
    700組織の訓練事例が示す
    「メール訓練の効果」と「組織の改善点」

    • Point1 標的型攻撃対策の1つとしてメール訓練が定着
    • Point2 訓練継続により社員の理解度が向上
    • Point3 訓練有効との意見多数 課題は社内ルールの整備と浸透
  • 知見の整理
    自組織で実施するための 訓練担当者が知るべき「メール訓練のコツ」
    • Phase1 目的/メール訓練をやっても意味がない!?
    • Phase2 準備/訓練成功につなげる「5つ」の準備
    • Phase3 実施/訓練中に起こる「3つの問題」への対処
    • Phase4 改善/「メール訓練」結果を活かすために
より詳しく知るにはこちら

「標的型攻撃メール訓練」
を詳しく知るにはこちら

セキュリティ診断レポート ダウンロード

セキュリティ診断レポート 2018 秋 PDF版

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top