株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

システム開発・ITソリューション

音声ガイドサービス

このサービスについて問い合わせる

概要

来場者の学習効果や満足度の向上に、「スマホ音声ガイド」が有効です!

動物園や水族園、美術館といった施設には、たくさんの家族やカップルがすばらしい体験を求めて来場されます。愛くるしい生き物たちや、すばらしい芸術に触れる経験をさらに効果的にするため、施設には説明が書かれたパネルが設置されていることが一般的ですが、文字で伝えられる情報量には限りがあるうえ、大人と子供それぞれに的確な表現をすることは苦手です。
ラックは、「展示物の前で自動的にガイドが再生される」スマートフォンを活用した音声ガイドサービスを開発しました。来場者は使い慣れた自分のスマホに専用のアプリを入れ、展示物の前に行くだけで音声ガイドや写真などの補足説明画面が表示されます。
興味深い解説を耳で聞き、目で見ることで、来場者の学習効果がより高まり、満足度の向上によりリピーターの獲得に効果があります。

施設運営者の業務支援にも、「スマホ音声ガイド」は有効です!

施設を運営する皆様は、来場者にご満足いただけるサービスを目指され、たくさんの取り組みをされていることと存じますが、ガイド情報のメンテナンスや説明員の配置など、かなりの負担になっています。
本ソリューションは、ガイドの情報をスマートフォンのアプリケーションとして提供するため、展示物に向けたガイドの内容を集中管理することができ、施設各所の音声データを書き換えに回ったり、パネルの再作成などをする必要はありません。また、来場者がどのガイドを何分聞いたか、どの順番で聞いたかなど行動に関する情報を収集でき、導線の分析やガイド内容の改善などに活用いただけます。さらに、来場者にアンケートやクイズといったインタラクティブ性を持たせることもできます。

「スマホ音声ガイド」の特徴

本音声ガイドはBLE(Bluetooth Low Energy)技術を活用しています。ビーコンと呼ばれる電波発信機を屋内外の展示物の近辺に配置し、発信機の通知をスマートフォンが受けることで、アプリとして配信された音声ガイドの再生が行えます。BLEは多くのスマートフォンに実装されている技術で、電波の到達距離は最大50メートルで、電波の強さは調整が可能です

「スマホ音声ガイド」の仕組み

1. スマートフォンアプリです。

従来の音声ガイド専用機のような貸与、貸出、管理の手間が必要ありません。来場者は使い慣れた自分のスマホを使ってガイドを楽しむことができます。
また、混雑していて展示物の解説パネルが見えないというストレスも解消することができます。

2. 発信機(ビーコン)を使います

BLE(Bluetooth Low Energy)技術を活用し、ビーコンと呼ばれる電波発信機を屋内外の施設に配置し、発信機の通知をスマートフォンで受けることでガイドを再生します。ビーコンは電池で稼働するため、電源設備が必要なく設置場所を選びません。設置はマジックテープや結束バンド等で簡単に固定するだけです。

3. 音声合成でガイドを再生します。

このアプリでは文章をもとに音声を出力する音声合成技術を利用しています。この技術を使うことでガイドの音声を録音する必要がなくなります。また、展示内容に変更があった際には文章を更新すると音声も更新できるため、解説内容を簡単に変更することができます。

「スマホ音声ガイド」のご利用事例

事例1:葛西臨海水族園音声ガイドサービス実証実験

2014年12月からの1ヶ月間、公益財団法人東京動物園協会と協力して、葛西臨海水族園においてスマートフォンを活用した音声ガイドシステムの有効性を検証する実証実験を行いました。園内10箇所の展示施設に配置したビーコンが、そこを通る来場者に対して通知を出し、来場者のスマートフォンから画像と音声が提供されるシステムです。
この実証実験では、スマホアプリの配布はスムーズに行えるか、ビーコンを受信してからガイドから情報を得られるまでの使い勝手はよいか、来場者の行動の分析は可能か、アンケートシステムが効果的に働くか、そして来場者の満足度は高まったかということが検証内容でした。
実証実験には1800名近い来場者に参加いただき、高い満足度とシステムへのフィードバックをいただくことができました。

「スマホ音声ガイド」のご利用事例 事例1:葛西臨海水族園音声ガイドサービス実証実験

事例2:都立動物園・水族園クイズラリーサービス

2015年10月からの2ヶ月間、公益財団法人 東京動物園協会が主催した都立動物園・水族園クイズラリー「なきまね怪盗現る!? コキャットからの挑戦状 IN TOKYO ZOO」において当社のスマートフォンアプリをご利用いただきました。来園者の所有するスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、都立動物園・水族園4園(上野動物園、多摩動物公園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園)に来園していただくと、園内に設置されたビーコンの通知を受信することでクイズラリーが始まります。このアプリは葛西臨海水族園で実証実験を行った音声ガイドよりも、エンターテイメント性が高く、宝探しをする感覚で園内を楽しみながら動物を観察していただけるアプリとなっています。園内の動物の鳴き声や様々な興味深い情報を、スマートフォンならではの表現力で来園者にお伝えすることで、来園者の興味と関心がより引き出されます。好評のうちに終了したこの2015年のイベントを受け、同企画を2016年にも引き続き実施しました。2016年バージョンでは利用者の意見を取り入れクイズの数を増やし、問題もより動物に興味をもっていただけるような内容にしました。

「スマホ音声ガイド」のご利用事例 事例2:都立動物園・水族園クイズラリーサービス

事例3:琵琶湖博物館向け音声ガイドサービス

2016年7月14日、琵琶湖博物館の20周年リニューアルオープンに合わせて音声ガイドアプリ「びわ博ナビ」をリリースしました。
びわ博ナビ」は博物館内80以上の展示を解説しています。葛西臨海水族園で実証実験を行った音声ガイドを基盤とし、3つの拡張機能を追加することで博物館の要望を実現したアプリを開発することができました。

1. 多国語対応

「びわ博ナビ」は日本語の他に英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語に対応しています。日本語の原稿を各言語に翻訳し、音声合成技術を用いて再生するため、各言語に対応した音声を録音する必要はなく、手軽にコンテンツを作成することが可能です。

2. コースの設定

従来、チラシなどで案内していた「おすすめコース」をアプリ機能として追加しました。コースを選択するとそのテーマに沿った展示のみを案内するガイドになります。おすすめコースの解説内容を通常のガイドと異なる解説にすることも可能です。おすすめコースのビーコンは通常のガイドで使用しているビーコンと兼用が可能なため追加で設置する必要はありません。コースを作ることでリピーターの方々に飽きずに博物館を楽しんでいただけます。びわ博ナビでは、琵琶湖の固有種であるニゴロブナを「ニゴロー」というキャラクターを使って解説する子供向け「ニゴローをめぐるコース」と、古代湖の歴史や固有種をテーマに解説する「古代湖と固有種をめぐるコース」を設定しています。

「スマホ音声ガイド」のご利用事例 事例3:琵琶湖博物館向け音声ガイドサービス コースの設定

3. ガイドの再生方法

琵琶湖博物館では約40箇所ものガイドを設置している展示室があります。このようにガイドの数が増えると、ガイドの間隔が狭くなってしまい意図したビーコンに反応できない懸念がありました。そこでびわ博ナビはガイドの再生方法として『近接再生』も併用しています。ビーコンが入った箱を設置し、そこにスマートフォンを近づけることで解説が始まります。
琵琶湖博物館では展示エリアごとのテーマは自動再生で、エリア内の個々の解説は近接再生で聞いていただくという使い分けをしています。

「スマホ音声ガイド」のご利用事例 事例3:琵琶湖博物館向け音声ガイドサービス ガイドの再生方法

「スマホ音声ガイド」の有効性について

葛西臨海水族園でおこなわれた実証実験では、スマホアプリに内蔵されたアンケート機能を利用し、来場者の皆様より実際の声をいただきました。

通知タイミングの検証

・検証事項

利用者がガイドの対象となる展示物直前に到着した際にバイブレーション通知等によりガイドの使用を促すことが、閑散時・混雑時を問わず適切なタイミングで行われるかを検証しました。

・結果

利用者の70%から「良いタイミングで通知が来た」との回答をいただきました。この数値から、「ビーコンを利用して解説を開始する」という観点からは十分に実用に堪えられると考えられます。また30%のタイミングが悪いといった人の回答を分析することでビーコンの設置に関するノウハウと経験と得られました。
平日、休日別に集計したところ、休日は平日の3倍強の混雑具合であるにもかかわらず通知タイミングの違いは見られませんでした。そのためこの音声ガイドは混雑具合にかかわらず利用することが可能であると言えます。

「スマホ音声ガイド」の有効性について 通知タイミングの検証

音声合成の容認度

・検証事項

音声合成はチューニングが可能であり、チューニング次第で人工的に作り出された音声とは思えないほどの品質の音声を発話することも可能です。
しかし、実証実験では簡単に解説内容を更新できることを目的としているため、敢えて固有名詞の読み方等の必要最小限の修正にとどめ利用者が聞くに耐えうる品質になっているのかを検証しました。

・結果

「良い」と「普通」を合わせて94%の利用者から問題ないとの回答をいただきました。

「スマホ音声ガイド」の有効性について 音声合成の容認度

来場者の声

来場者よりいただいた嬉しい反応の一部を掲載いたします。
音声ガイドアプリは、イヤホンを挿しておけば画面の操作をすることなく該当の展示に近づいたときに自動で解説を聞くことが可能です。ご紹介した最後の意見のように子供から目を離せないお母様方にも好評でした。

  • 「とてもいい試みだと思います。水族館の楽しみが倍増します。聞いていて、へぇ〜となるような情報が良いです。」
  • 「今日はたまたま空いていたが、混んでいる場合など「遠目で魚は見れても説明文は人がたくさんで読めない!」っていう場合、どうしても発生してしまう水族館特有のイライラも和らぐと思います。応援してます。また来ます!実用化楽しみにしております。」
  • 「子供たちは水槽のどこにいるかなーと探すのが楽しそうだった。」
  • 「解説を全く読みたがらない子供が喜んで聞いていた。」
  • 「子供と一緒だといつも説明文を読むことができず、自分は楽しむことを諦めていましたが、このアプリのお陰で久しぶりに自分自身も楽しめて大満足でした!他の動物園や水族館でも是非導入して欲しいし説明箇所も増やして欲しいです。」

施設運営者の皆様への貢献

本アプリでは利用者の承諾のもと、ビーコンからの通知を受けた時間を情報として収集、蓄積することが可能です。この情報を利用してリアルタイムもしくは事後に利用者の行動分析を行うなど、マーケティングの基礎情報としてもご活用いただけます。
葛西臨海水族園での実証実験ではビーコンに反応した時間を分析することで利用者がどの展示を長く見ていたのか、どの展示に興味があるのかをヒートマップを使って館内マップに表現しました。図の赤い部分は利用者が長く留まっていたところです。葛西臨海水族園で人気の高いマグロの展示からペンギンの展示にかけては、時間をかけて観察する方が多いことがわかります。
このようなデータの活用例として、利用者の滞留時間の他にも、動線や各ガイドの利用頻度等が可能です。また、取得したいデータに合わせてアプリを調整することも可能です。

「スマホ音声ガイド」の有効性について 施設運営者の皆様への貢献 利用者滞留状況

ラックは、この音声ガイドを基盤としてアプリをカスタマイズし、様々なサービスを提供することが可能です。

「音声ガイドサービス」に関するお問い合わせ

mobile.dev@lac.co.jp

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top