株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

クラウドインテグレーション

OCIインテグレーション(オラクル クラウド インフラストラクチャ)

DX & System Development

ラックの長年のシステム開発ノウハウでOracle社のクラウドサービスOracle Cloud Infrastructure(OCI)の導入を支援

ラックは、Oracle社のパートナーとして、「Oracle Cloud Infrastructure」をクラウドサービスとして利用するための様々な支援を提供しています。オンプレミスからクラウドへの移行、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境の構築、お客様のクラウド環境における運用課題やセキュリティ課題の解消に向けた対応など、お客様の目的に合わせて導入前のコンサルティング、システム設計、構築サービスを提供します。

サービスの強み

豊富なシステム開発経験を活かすOracle社のパートナーとして、
質の高いクラウド活用をサポート

新規システムの構築、オンプレミス環境からクラウド環境への移行、オンプレミス環境とクラウド環境のハイブリッドシステムの利用、クラウド上でのアプリケーション開発など、お客様の目的に合わせて、導入前のコンサルティング、システム設計、構築サービスを提供します。

OCIインテグレーションは、次のようなメリットを実現する支援を提供いたします。

  • スピード:スモールスタートからの早期ビジネスの立ち上げ
  • コスト低減:従量課金によるインフラ保有コストの低減、Oracleライセンスの流用
  • 高性能:次世代インフラ基盤によるハイパフォーマンスインフラの利用
  • 高信頼性の維持:Oracle RAC環境のクラウド利用
  • 運用負荷軽減:Oracleデータベースのクラウド環境下における管理自動化

OCIインテグレーションが最適なクラウド活用を実現

  1. 高い性能
    データベースアプリケーションを基本としたOracleらしく、データストレージに対してのIOPS(1秒間にディスクが処理できる読み書きの回数)が早く、オンプレミス環境からクラウドにリフトした際のパフォーマンスの問題が発生しにくい。また、ベアメタル構成をサポートしており、パフォーマンスを最適化することが可能。
  2. 高いコスト優位性
    現在利用しているOracleデータベースのライセンスを、クラウド環境で引き継ぐことができる。また、クラウドベンダーとの競争もあり、Oracleの価格体系は従量制が主である競合とは異なり定額制を設けたり、サービス利用料の支払いに為替変動の影響を受けないなど、考慮が行き届いている。
  3. 高い移行容易性
    オンプレミスとして稼働するOracleデータベースは、最小の作業でクラウド環境にリフトすることが可能。また、無償サポートが提供されていることから移行に際してのリスクも最小化できる。

OCI導入サポートの流れ

  1. システム開発に向けた
    コンサルティング
    お客様の課題の解消、要望の実現に必要な事項を整理し、目指すべきゴールを設定します。
  2. お客様のニーズを実現するシステムのご提案
    OCIの豊富なサービス、サービス上で稼働させる各種製品などを組み合わせ、お客様に最適なシステムをご提案します。
  3. 運用を踏まえたシステムの設計・構築・開発
    システム導入後の運用を見据えた、セキュアなシステムやアプリケーションを設計・構築・開発します。

高い性能、高い信頼性、高いコスト優位性、高い移行容易性を提供するクラウドプラットフォーム

Oracle社が提供しているパブリック・クラウドサービスがOracle Cloud Infrastructure(OCI)です。クラウドコンピューティングを利用して、ストレージ、ネットワーク、データベース、サーバーなど、クラウドベースのインフラストラクチャサービスを提供しています。

Oracle Cloud Platformのサービス構造
Oracle Cloud Platformのサービス構造

2021年5月時点、世界30のデータ・センター・リージョンで運用されており、2021年末までに合計38リージョンに到達する計画となっています。また、日本には東京と大阪に2つのリージョンが配置され、国内の東西で災害対策環境を構築できます。

OCIは、エントリーからミッションクリティカルな高い信頼性が求められるシステムで採用されています。また、PaaS、IaaS環境に加えてベアメタル構成をサポートしており、クラウド上でOracle RAC環境を提供することや、オンプレミス環境で購入したOracleライセンスをクラウド環境へ移行することができます。特に現在Oracleを利用しているユーザーにとっては、移行先の有力な選択肢として検討できます。

OCIのクラウド活用パターン

  • いざという時に、災害対策やバックアップとしてクラウドを使う
  • 開発環境で一時的なリソースが必要な時や需要がピーク時に、拡張型IaaSとして活用する
  • オンプレミスとクラウドの両方をメインに継続使用する場合にハイブリッド型IaaSとして活用する
  • メインにしているオンプレミス環境をクラウドに全面移行する
  • 新規事業や、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、活用する
  • スモールスタートからの早期ビジネスの立ち上げ
  • H/Wの更新サイクルからの脱却による運用費用の低減とインフラコストの平準化
  • 使っただけのコスト負担によるインフラ保有コストの低減
  • 全世界で同じアーキテクチャを展開することによる容易なグローバル展開
  • キャンペーンやメディア連動などのピークに応じたITリソース変更の自動化
  • ユーザー需要に応じて拡張可能なWebサイトを低コストで構築
  • 災害対策やバックアップのためのクラウドストレージの準備
  • テレワークなど新たな働き方に対応できる、セキュアなクラウドOA環境の構築
  • IoTデバイス・エッジコンピューティングなどの技術を生かしたビッグデータアプリケーションの開発

価格

個別にお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

「OCIインテグレーション(オラクル クラウド インフラストラクチャ)」に関するお問い合わせ