株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年10月01日 | テクニカルレポート

CYBER GRID JOURNAL Vol.8 "「創る」と「衛る」の合わせ技で防ぐ、見えない脅威「サプライチェーン・リスク」"

CYBER GRID JOURNAL(サイバー・グリッド・ジャーナル)は、ラックの研究開発部門であるサイバー・グリッド・ジャパンが発行する情報誌です。

CYBER GRID JOURNAL Vol.8では、システム開発におけるセキュリティに焦点を当てました。
特集『「創る」と「衛る」の合わせ技で防ぐ、見えない脅威「サプライチェーン・リスク」』では、サプライチェーン・リスクの問題、特にシステム開発側のセキュリティについて解説します。
また、システムの設計段階でセキュリティを考慮する「シフトレフト」についてOWASP Japanの岡田氏より寄稿頂きました。
アジャイル開発・DevOpsについての話のほか、システム開発の側面でどのようにセキュリティを担保していくかを解説します。

CYBER GRID JOURNAL Vol.8 目次

  • 巻頭言
  • 特集
    「創る」と「衛る」の合わせ技で防ぐ、見えない脅威「サプライチェーン・リスク」
    • 『「創る」と「衛る」の合わせ技で防ぐ、見えない脅威「サプライチェーン・リスク」』
      サイバー・グリッド・ジャパン
      サイバー・グリッド研究所 所長
       仲上 竜太
    • 「システム開発とセキュリティのこれから
       ~アジャイル開発やDevOps時代に企業はどう取り組むべきであるか~」
      常務執行役員 CTO
       倉持 浩明
    • 寄稿
      「セキュリティ・ケイパビリティ
      設計段階からセキュリティを織り込む打開策」
      OWASP Japan チャプターリーダー
       岡田 良太郎
    • リサーチャーの眼(第5回)
      「DevSecOpsのSecは必要か?」
      サイバー・グリッド・ジャパン
      サイバー・グリッド研究所 チーフリサーチャー
       谷口 隼祐
  • ラックの顔 第8回
    「システム開発現場の最前線におけるセキュリティ対策の現在と未来」
    アジャイル開発センター
     大沼 重成
    エンタープライズ事業部
    インフラソリューションサービス部
    セキュリティサービスグループ 担当部長
     藤本 博史
  • 巻末あとがき

より詳しく知るにはこちら

この号に関連する情報はこちら

マルチクラウド環境でシークレットを保護・管理する「Vault」により、DevOpsにセキュリティの要素を加えたDevSecOpsの実現を支援します。

CYBER GRID JOURNAL Vol.8

CYBER GRID JOURNAL Vol.8 ダウンロード

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top