株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2017年11月24日 | テクニカルレポート

サイバー救急センターレポート 第1号

サイバー救急センターレポートは、サイバー救急センターが相談を受けて対応しているインシデントレスポンスやフォレンジック調査の結果に基づいて、直前の四半期のインシデント傾向や対応方法について記載したレポートです。主に、企業等の中でCSIRT担当者やインシデント対応している方に向けて、日本におけるインシデントの発生状況や脅威情報を紹介し、日々のインシデント対応に役立つ内容となっています。

サイバー救急センターレポート 第1号の内容

  • 2017年7月~9月のインシデント相談の傾向
    APT攻撃(標的型攻撃)、ランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」
  • アプリケーションサーバの侵害原因の分析
  • 日本に送られるバラマキ型メールの分析

目次

  • はじめに
  • サイバー救急センターの出動傾向
    2017年7月~9月の出動傾向と、マルウェア関連・公開サーバ関連のインシデント傾向と対策
  • 攻撃者の残した痕跡に学ぶ
    アプリケーションサーバが侵害され、仮想通貨を発掘するソフトウェアが設置されるインシデントより
  • 脅威分析報告
    日本に送られるバラマキ型メールの裏側
  • コラム:セキュリティ百景
    #1 CodeBali 2017
     カービングの概念と攻撃者のファイル隠匿手法を学ぶ
    #2 情報セキュリティワークショップin越後湯沢
     デジタルフォレン塾
  • 編集後記

サイバー救急センターレポート ダウンロード

サイバー救急センターレポート 第1号 PDF版

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し
迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

サービスについて

今すぐ「サイバー救急センター」までご連絡ください。TEL:0120-362-119 または メール

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top