株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2016年08月02日 | テクニカルレポート

CYBER GRID VIEW Vol.2
日本の重要インフラ事業者を狙った攻撃者

CYBER GRID VIEWは、ラックの研究開発部門であるサイバー・グリッド・ジャパンが発行する技術レポートです。最先端の研究に取り組む研究者が、主に国内の事例をもとに調査・分析し、いま最も注目すべきテーマとして報告・提言します。

メール

CYBER GRID VIEWは、ラックメールマガジン(臨時号)にて、
いち早く皆様にお知らせしています

配信をご希望の方はこちらからご登録いただけます。

CYBER GRID VIEW Vol.2のテーマは「日本の重要インフラ事業者を狙った攻撃者」です。当社独自の調査・分析により、「Daserf」と呼ばれるマルウェアを用いた攻撃者が直接的・間接的に国内の重要インフラ事業者を狙っていることを、ターゲットとなった業種の内訳とともに初めて明らかにしました。
さらに、Daserfの特徴、Daserfを利用する攻撃者の手口などを技術解説しています。

本レポートの主なポイントは次の通りです。

  • DaserfのC2サーバのIPアドレスは、韓国のインターネットサービスプロバイダを利用するケースが多いことを確認
  • Daserfを利用する攻撃者は日本の重要インフラを標的とし、長期間に渡って標的組織に潜伏しつつ活動していることを確認
  • 調査・分析より得られた断片的な状況証拠から、Daserfを利用する攻撃者像を推察
CYBER GRID VIEW Vol.2

CYBER GRID VIEW Vol.2 ダウンロード

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top