株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2017年02月02日 | テクニカルレポート

CYBER GRID VIEW Vol.3
猛威を振るうRIG Exploit Kitの全貌と対策

CYBER GRID VIEWは、ラックの研究開発部門であるサイバー・グリッド・ジャパンが発行する技術レポートです。最先端の研究に取り組む研究者が、主に国内の事例をもとに調査・分析し、いま最も注目すべきテーマとして報告・提言します。

CYBER GRID VIEWは、ラックメールマガジン(臨時号)にて、
いち早く皆様にお知らせしています

配信をご希望の方はこちらからご登録いただけます。

CYBER GRID VIEW Vol.3では、2017年2月2日に一般財団法人 日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が発表した、「RIG-EK 改ざんサイト無害化の取組」に関連し、JC3 への協力の中で行った調査をもとに、RIG Exploit Kitを悪用するサイバー犯罪の現状と対策について独自に分析し、まとめています。 これらサイバー犯罪は、非常に複雑な仕組みで実施され、Webサイト管理者、インターネット利用者それぞれがサイバー犯罪の対象となるなど、深刻な脅威となっています。

本レポートの主な内容は次の通りです。

  • 2017 年1月現在も継続して悪用されている、RIG EKにより拡散したマルウェアの脅威状況の説明
  • 「Pseudo-Darkleech」、「Afraidgate」、「EITest」という、3つのサイバー犯罪における特徴の説明
  • Web サイト管理者、インターネット利用者、セキュリティ担当者に向けてサイバー犯罪への対策例と被害状況の確認方法を説明

CYBER GRID VIEW Vol.3ダウンロード

CYBER GRID VIEW Vol.3 PDF版

  • cyber_banner_2017jpn.jpg

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top