株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年12月04日 | ラックピープル

ラグビー 山田章仁です。(第47回)

ラグビーの日本代表として世界の強豪に挑み続け、その歩みそのものも「型」にはまらない山田選手。
当社は山田選手のモットーである「BREAK THROUGH=殻を破れ」に共感し、2015年から応援し続けています。
ラグビーワールドカップ2015 日本代表。

ラックの皆さん、そしていつも応援してくれる多くの皆さん、こんにちは。
ラグビーワールドカップ2019日本大会が終わって私もすっかりラグビーロスとなってしまい、こちらでのレポートが遅くなりました。
大変失礼しました。

10月はというと、私はフランスから帰国し、そのままワールドカップ関連のイベントであっちに行ったりこっちに行ったり。

昨年から大会スポンサーであるマスターカードのアンバサダーを務めていることもあり、大会に合わせて期間限定でオープンした大型公式ショップ「新宿メガストア」で、試合前日にイベント兼サイン会を開催。試合当日はマスターカードホスピタリティーエリアにてお客様のお相手をさせていただきました。

皆さんにお会いできて楽しかった
皆さんにお会いできて楽しかった
サインもたくさん書かせていただきました
サインもたくさん書かせていただきました
ホスピタリティエリアで「O MO TE NA SHI」
ホスピタリティエリアで「O MO TE NA SHI」

日本代表チームはというと、皆さんの記憶にも鮮明に残っていると思いますが、前回イングランド大会の予選プールで唯一負けた因縁の相手スコットランドに快勝し、予選プール全勝で見事A組1位通過。日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出という偉業を成し遂げてくれました。

もちろんマスターカードのイベントだけでなく、トークショーやテレビでの解説、各種イベントへの出演など、日本代表の活躍の恩恵を直にいただき、忙しい日々を過ごしておりました。

丸の内ラグビー神社にて
丸の内ラグビー神社にて
いろんなイベントで大忙し
いろんなイベントで大忙し

そして、いよいよ準々決勝です。日本のラグビーが初めて足を踏み入れる領域ということもあり、選手の皆さんはもちろん、ファンの皆さんも興奮気味。と同時に、緊張もされていたことと思います。

試合前からファンも興奮気味!
試合前からファンも興奮気味!

私も予選プール同様に、大会スポンサー企業のイベントやお客様の対応と走り回っておりました。

決勝トーナメントからは、予選プールとは雰囲気もガラッと変わり、各国のスター選手でアンバサダーの選手がぞくぞく集まります。
準々決勝では日本代表の対戦相手である南アフリカ代表のレジェンド、ブライアンハバナ選手が参加し、会場を大いに盛り上げてくれていました。

試合は、後にこの大会の優勝チームとなった南アフリカ代表の完璧な試合運びの前に負けてはしまいましたが、日本代表が多くの国民に勇気と希望を与えてくれたことは間違いありません。

大会は、日本代表が負けてしまった後も、準決勝、決勝と素晴らしい盛り上がりになりました。
私もこれまで同様にPricelessな体験をお送りするべく、大会スポンサー企業の活動に携わっておりました。

ハバナ選手、リーチ選手とトークイベント
ハバナ選手、リーチ選手とトークイベント

ブライアンハバナ選手に続き、ニュージーランドの英雄、ダンカーター選手やリッチーマコウ選手、そして戦いを終えた我らが日本代表キャプテンのマイケルリーチ選手も集まりました。

リッチーマコウ選手も参加
リッチーマコウ選手も参加

決勝戦の前には世界中のお客様との夕食会。X JAPANのYOSHIKIさんの生演奏を間近で聴くことができ、素晴らしい宴になりました。

YOSHIKIさんの生演奏は素晴らしかった
YOSHIKIさんの生演奏は素晴らしかった

そして決勝戦。個人的には日本代表の前ヘッドコーチ、エディージョーンズ氏率いるイングランド代表を応援していたのですが、先ほどもお伝えしたように日本代表を準決勝で下した南アフリカ代表が勝利し、開幕前から大いに盛り上がった大会が閉幕となりました。

ワールドカップ2019日本大会では日本代表の初の決勝トーナメント進出という偉業はもちろん、ラグビーを取り巻く環境でも多くの変化が見られました。その中でもファンの皆さんのラグビーを観戦する姿、スポーツを楽しむ姿がとても印象的でした。会場で皆さんの表情を見たり声援を聞いたりしている中で、ファンの皆さんがしっかり騒ぎ、スポーツの楽しみ方を理解されてきていると感じました。これもワールドカップという大変大きな大会が日本で開催され、海外の人々が日本に持ち込んでくれた新しい文化で、この先も継承していかなければならないものなのではないかと感じました。

さらにこの大会は、世界中に日本の素晴らしさを伝えることができたという点でもとても意味があったといえます。その証拠に、試合後に一礼(お辞儀)をする各国の選手たちからも日本へ対するリスペクトが見てとれました。日本の食、文化、環境、人々のおもてなしの素晴らしさまで海外の人々に伝わったことと思います。

様々な観点から見ても大成功と言える大会であったと私は思います。

最後になりますが、フランスからの帰国後はワールドカップ関連のイベントだけでなく、自分自身の所属チームであるNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの練習も再開されていました。別府での合宿もあり、毎日がラグビーの連続でしたが、グランドとスタジアム、テレビ局、イベント会場の往復で月日の経つのがあっという間で、充実の10月でありました。

トップリーグ開幕に向けて本格的な練習も再開
トップリーグ開幕に向けて本格的な練習も再開

というわけで10月を振り返りました。
もう12月ですが、2019年の残りの日々を全力で駆け抜けましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top