株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年07月09日 | ラックピープル

ラグビー日本代表 山田章仁です。(第43回)

ラグビーの日本代表として世界の強豪に挑み続け、その歩みそのものも「型」にはまらない山田選手。
当社は山田選手のモットーである「BREAK THROUGH=殻を破れ」に共感し、2015年から応援し続けています。

ラックの皆さん、そしていつも応援してくれる多くの皆さん、こんにちは。

2019年もあっという間に半分が終わってしまいましたが、上半期を締めくくる6月はというと、前半の2週間で世界をひと回りしてきました。
サンウルブズに合流し、ようやくチームのみんなの名前を覚えたと思ったら、シーズンはもう残り2週間。南アフリカとアルゼンチン遠征に行ったわけですが、予想以上に長い旅となったことを先にお伝えしておきます。

長旅の始まり

長旅の始まり

初めに訪れたのは南アフリカです。シンガポールを経由し、ヨハネスブルグに到着。そして最終目的地のケープタウンまで丸一日とちょっと。

丸一日かけてようやくケープタウンに到着

丸一日かけてようやくケープタウンに到着

ケープタウンというと観光地としても有名で、ホテル前には綺麗な景色が広がっていましたが、私達はもちろん観光ではありませんので、ホテルに到着した後はシャワーを浴びる余裕もないままジムへ直行。そして昼食やらミーティングやらと続き、休む暇もなくバタバタと午後の練習に出発しました。

休む暇もなくさっそく練習

休む暇もなくさっそく練習

チームとしては時差ぼけ解消の目的もあり、自由な時間を省き、寝かさないという作戦であったのはもちろんわかるのですが、さすがにちょっとバテました。

試合前には時差ぼけも解消し、いざスタジアムへ。私は久しぶりの試合ということで先発メンバーではなくベンチから出番をうかがいます。試合は負けてしまいますが、個人的には途中出場して試合の流れを変えるプレーができたり、観客の皆さんを盛り上げることができたりと、ちょっとだけ南アフリカにインパクトプレーというお土産を置いて帰ることができたと思っています。

いいプレーの後はいい笑顔で

いいプレーの後はいい笑顔で

試合が終了し、ホテルに帰ってきたのが23時くらい。ところが翌朝の5時にはホテルを出発し、南米アルゼンチンに向けて再び長旅の始まりです。

いったん、南アフリカ国内のヨハネスブルグに飛び、そこから一気に南米はブラジルのサンパウロへ。そしてすぐにアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに向かいます。ブエノスアイレス、実はこの地に来るのは2回目で、サッカーをやっていた友人を訪ねたのが約10年前。その時は二度と来ることはないだろうと思ったのですが、人生何があるかわからないものです。

雰囲気があるブエノスアイレスの街

雰囲気があるブエノスアイレスの街

ここでもやることは変わりません。ジムに行き、練習とミーティングを繰り返し、あっという間に週末を迎えます。この試合も残念ながら負けてしまいますが、長かったのはこの後で、試合が行われたのが金曜日の夜。しかしホテル出発はなぜか日曜日の朝。つまり必然的にアルゼンチンで1日半フリーになり、チリからオーストラリア・シドニーを経由して東京というルートで帰国。これがちょっとだけ長く感じた理由ですが、2週間でほぼ世界一周。貴重な体験となりました。

サンウルブズの今シーズン最終戦を終えて

サンウルブズの今シーズン最終戦を終えて

改めましてサンウルブズへの応援、どうもありがとうございました。個人的には3シーズン目となり、結果はなかなかついてきませんでしたが、嬉しいことにそれに反比例するかのごとく、ファンの皆さんの熱は高まる一方。そこには感謝しかありません。ラックの皆さんの中でも時々話題にしてもらえると嬉しい限りです。

サンウルブズの今シーズン国内最終戦を終えてファンの皆さんと一緒に

サンウルブズの今シーズン国内最終戦を終えてファンの皆さんと一緒に

さて帰国したのは6月18日火曜日の朝イチでしたが、その日の午後から、この4月に移籍したチームNTTコミュニケーションズ・シャイニングアークスに合流。この週からトップリーグ(TL)カップ戦が開幕。初戦は先発ではなくリザーブ(控え)から途中出場で、東芝ブレイブルーパスにあと一歩というところまで追いつめたものの、残念ながら負けてしまいました。それでも、新しい仲間と新しい環境でのラグビーは新鮮でありました。

ユニフォーム、似合ってますか?

ユニフォーム、似合ってますか?

地元北九州のファンの皆さんと

地元北九州のファンの皆さんと

翌週は、ラックの西本社長の故郷で、私の地元でもある、北九州で試合。相手は宗像サニックスブルースで、九州の多くのラグビーファンの皆さんの前での試合ということで楽しみにしていました。試合ではチームメイトのサポートもあり、移籍後初のトライを含めハットトリック(3トライ)を達成。試合の最優秀選手「マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)」をいただき、チームも勝利し、すばらしい週末になりました。

この怒涛の1ヶ月を過ごし、改めて、プロらしくラグビーという仕事に向き合えたと思う理由を1つ皆さんにお伝えして、今月を締めくくりたいと思います。

"Different City, Same Energy"

世界中どこにいても相手が誰でもやることは同じであり、プロらしく仕事をやりきる。

これからもグローバルに活躍できるよう日々精進していきたいと思います。

新チームでも応援よろしく!

新チームでも応援よろしく!

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top