株式会社ラック

  • スペシャリスト育成コース
  • マルウェア解析

マルウェア解析ハンズオン自動化コース

  • オープン開催
  • 個別開催

ハンズオン

本コースでは、マルウェアの自動解析機能が実装されたサンドボックス(Cuckoo Sandbox)を活用して、不審なファイルやマルウェアを解析する手法を習得します。サンドボックスで解析されたレポートから、解析対象ファイルの機能や影響を特定するノウハウを事例演習形式で学びます。

【 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ) 特定講習 】

※登録更新対象者の方は、お申込みの際、備考欄に「IPA登録セキスペ更新」とご記入ください。弊社よりIPAへ報告いたします。
 受講当日は、IPA規程によりご本人確認をさせていただきますので、顔写真付きの身分証明書をご持参ください。

マルウェア解析ハンズオン自動化コース

  • オープン開催
  • 個別開催

ハンズオン

330,000円(税込)/人

お申し込み

※お申し込みは外部リンクに遷移します。

受講の効果

  • サンドボックスの役割や機能を理解できるようになる
  • サンドボックスを利用して、マルウェアの機能を解析できるようになる
  • サンドボックスを利用して、マルウェアの影響範囲を判断できるようになる
  • 最近、流行しているマルウェアの自動解析手法を理解できるようになる

受講の前提条件

  • WindowsOSの基本的な操作知識
  • ネットワークの基本的な知識

こんな方にオススメ

  • IT技術者(FW/IDS等のインフラ系)
  • SOC(セキュリティ運用)要員
  • 情報システム・セキュリティ推進部門担当者
  • CSIRT要員(技術系)

カリキュラム

    コース内容 詳細
1日目午前 1. マルウェア解析の基礎
  • マルウェアの基本的な知識
    - 種類
    - 機能
    - 影響範囲
2.サンドボックスの基礎
  • Cuckooサンドボックスの基本的な知識
    - 種類
    - 機能
    - 出力されるレポートの読み方
    - 導入方法
1日目午後 3. サンドボックスを利用した事例解析(前編)
  • 各セキュリティ・インシデントのシナリオに沿ってファイルをサンドボックスに投入
  • レポート結果からファイル機能や影響範囲の推測、対策
2日目午前 4. サンドボックスを利用した事例解析(中編)
  • 各セキュリティ・インシデントのシナリオに沿ってファイルをサンドボックスに投入
  • レポート結果からファイル機能や影響範囲の推測、対策
2日目午後 5. サンドボックスを利用した事例解析(後編)
  • 各セキュリティ・インシデントのシナリオに沿ってファイルをサンドボックスに投入
  • レポート結果からファイル機能や影響範囲の推測、対策
6.サンドボックスの拡張利用
  • Cuckooサンドボックスと他ツールの連携
  • Cuckooサンドボックスの拡張性

開催詳細

開催日 お申込締切日
2021年7月1日(木)~ 2021年7月2日(金)
10:00~17:30
2021年6月17日(木)
受講料 330,000円(税込)/人
お支払方法 前入金によるお支払か、後払いによるお支払(企業様のみ)のいずれかをご選択ください。
研修期間 2日間
定員 20名 最小開催人数5名
CPEクレジット 13 Point
会場

株式会社ラック セミナールーム
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー
(最寄り駅地下鉄永田町駅4番出口から徒歩1分)

アクセス

講師情報

コースリーダー/講師

サイバー救急センター
金子 博一

講師

サイバー救急センター
本田 勝

お見積書発行・お問い合わせ

お見積書発行

お申し込み前にお見積書を発行いたします。

お問い合わせフォーム

ご質問等ございましたら、こちらからお問い合わせください。

330,000円(税込)