株式会社ラック

  • スペシャリスト育成コース
  • 攻撃手法

攻撃手法解説コース

~脆弱性を狙う攻撃を実践し、防御のための知識と技術を身につける~

  • オープン開催
  • 個別開催

ハンズオン

情報システムへの攻撃手法や攻撃による影響を理解し、組織におけるリスクや対策を検討することができます。セキュリティ専門コースの基礎となるコースですので、専門コース受講前の土台としての受講をおすすめします。

攻撃手法解説コース

~脆弱性を狙う攻撃を実践し、防御のための知識と技術を身につける~

  • オープン開催
  • 個別開催

ハンズオン

214,500円(税込)/人

お申し込み

※お申し込みは外部リンクへ遷移します。

受講の効果

  • 最近の攻撃傾向や基本的なセキュリティへの考え方を理解できる
  • 攻撃プロセスを把握できる(攻撃対象への情報収集、脆弱性情報の収集、対象システムへの攻撃)
  • リスク評価、脆弱性への対策ができるようになる

受講の前提条件

  • ネットワークの基礎知識(TCP/IPなど)
  • Webサイトの通信の仕組み
  • Windowsの基本的な知識とコマンドを利用した操作
  • Linuxの基本的な知識とコマンドを利用した操作

こんな方にオススメ

  • IT技術者(インフラ系・開発系)
  • 情報システム・セキュリティ推進部門担当者
  • SOC(セキュリティ運用)要員
  • CSIRT要員(技術系)
  • 監査担当

カリキュラム

    コース内容 詳細
1日目午前 1.不正アクセスのアプロ―チ
  • 攻撃者の種類と動機
  • 攻撃のプロセス
2.情報収集
  • OSINT
    - Google Hacking
    - Shodan
    など
1日目午後 2.情報収集
  • フィッシング
  • ポートスキャン
    - Nmap
3.プラットフォームを狙った攻撃
  • ツールの紹介
    - Kali Linux
    など
  • パスワードクラッキング
  • 個別の脆弱性
    - Heartbleed
    - Shellshock
    - 権限昇格
  • DoSアタック
2日目午前 4.Webアプリケーションを狙った攻撃
  • 技術的な基本事項の復習
    - HTTPリクエストとレスポンス
    - Cookieを用いたセッション管理
    など
  • ローカルプロキシ
    - Burp Suite
  • Webアプリケーションの脆弱性
    - SQLインジェクション
2日目午後 4.Webアプリケーションを狙った攻撃
  • Webアプリケーションの脆弱性
    - クロスサイトスクリプティング
    - クロスサイトリクエストフォージェリ
5.マルウェアの脅威
  • マルウェアの種類、事例
6.攻撃に対する対策のアプローチ
  • 脆弱性診断
  • 多層防御、ゼロトラストセキュリティ
  • ロギング、モニタリング
  • インシデントレスポンス

開催日程・お申込締切日

開催日 お申込締切日
2021年11月8日(月)~2021年11月9日(火)
10:00~17:30
2021年10月25日(月)
2022年1月24日(月)~2022年1月25日(火)
10:00~17:30
2022年1月11日(火)
2022年3月2日(水)~2022年3月3日(木)
10:00~17:30
2022年2月16日(水)
受講料 214,500円(税込)/人
お支払方法 前入金によるお支払いか、後払いによるお支払(企業様のみ)のいずれかをご選択ください。
研修期間 2日間
定員 20名 最小開催人数5名
CPEクレジット 13 Point
会場

株式会社ラック セミナールーム
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー
(最寄り駅地下鉄永田町駅4番出口から徒歩1分)

アクセス

講師情報

コースリーダー/講師

サイバーセキュリティサービス統括部
小松 奈央


山本 翔馬


佐久間 泰地

執行役員
倉持 浩明

ラックセキュリティアカデミー専任講師
大塚 英恵

サイバー・グリッド・ジャパン
鈴木 悠


ジョーイ・マナラン

サイバー救急センター
本田 勝

JSOCサイバーセキュリティアナリスト
青羽 真利

ラックセキュリティアカデミー専任講師
近藤 有馬

お見積書発行・お問い合わせ

お見積書発行

お申し込み前にお見積書を発行いたします。

お問い合わせフォーム

ご質問等ございましたら、こちらからお問い合わせください。

214,500円(税込)