LAC WATCH

セキュリティとITの最新情報

RSS

サービス・製品 | 

新卒入社して初めてAWSクラウドに飛び込んだら楽しすぎた話

初めまして、金融事業部の後藤です。
私は2020年4月に新卒で入社しました。配属されてからは、金融系のお客様向けにAWSを用いたご提案をしています。実は入社して初めてAWSを触ったのですが、これがとっても楽しいんです!約1年間、AWSを中心に仕事をしてきて感じた面白さや、学んだことをお伝えします。

新人研修で初めて触ったAWS

私が所属する金融事業部の主なお客様は、銀行・信託・証券等の金融機関で、パブリッククラウドの積極的な活用が進んでいます。そんなわけで、金融事業部の新人研修には2020年度からAWSのハンズオン研修が加わりました。

研修は3~4名のグループワークで、AWS上にELB、EC2、RDSなどを用いた一般的なWebシステムを構築していきます。私はこの研修で初めてAWS上のシステムの構築を行いました。AWSは従来の物理サーバーを用いる構築とは違い、Webブラウザ上でポチポチとクリックするだけでクラウド上にシステムを構築できます。初心者の私が数分でサーバーを建てられたことにびっくりしつつ感動しました。

最初は構成図を見ても、AWSサービスがどう機能し、どうシステムとして動くのか全く分かりませんでした。また、入社式以降リモートで研修を実施しており、チームで技術を理解しながら進める工夫も必要でした。そこで、自分なりにAWSサービスについて調べて内容をまとめたものを同期に共有し、チーム内外で理解度の確認をすることにしました。

その結果、チーム内はもちろんチームの枠を超えて情報を共有し、協力して同じものを作るグループワークをうまく進められました。しかもすごく楽しかったです。研修の内容もしっかり理解できて良かったです。物理的な管理が不要というクラウドは、完全オンライン研修でも習得しやすく、テレワークにもマッチする仕組みだと感じました。

AWS入門者向けトレーニングパッケージの作成

研修最終日には、事業部長、部門長、先輩社員へ向けた総括プレゼンテーションがありました。その際、私がハンズオン研修用にAWSサービスについてまとめた資料を発表したことがきっかけで、今後AWSを初めて触る人が使うための社内用「AWS入門者向けトレーニングパッケージ」の作成を任されました。

総括プレゼンテーション
図1 総括プレゼンテーション

AWS入門者向けトレーニングパッケージは、私のように初めて扱う人でも分かりやすい内容になるよう心がけました。作成にあたり週一回、現場でAWSを使っている先輩方からフィードバックをもらえて、知識が身に付くと同時に先輩のように自分もなりたいとモチベーションが上がりました!完成した資料は社内へ展開しており、初めてAWSの案件に携わる方の導入資料として活用いただけます。

AWS入門者向けトレーニングパッケージ解説ページ抜粋
図2 AWS入門者向けトレーニングパッケージ解説ページ抜粋
AWS入門者向けトレーニングパッケージの構成図
図3 AWS入門者向けトレーニングパッケージの構成図

研修を終え、いま取り組んでいること

年が明けてからは、金融事業部が社内検証用に構築したAWS検証環境の管理者チームの一員として、運用業務も担当しています。例えば、検証環境が発するセキュリティや料金に関するアラートのSNS通知を受けて、問題がないかの確認や、AWSのベストプラクティスに則り運用改善のための環境構築などです。

お客様向けの業務では、サーバーレスシステムに対するCloudFormationを用いたAWS環境自動構築や、AWS環境運用改善プロジェクトにおいてElasticおよびKibanaを用いたログの可視化機能の導入を担当しており、業務を通じて日々AWSに触れながら学んでいます。

おわりに

入社したばかりの頃は、「クラウド」や「AWS」の名前は聞いたことがあるものの、実際にどんなものかはよく分かりませんでした。しかし、新人研修で初めてAWSを触ってから半年くらいで、仕組みや構築方法、活用の仕方などを理解できました。本当にAWS初心者でも、問題なく業務で使えるようになりますよ!

今ではAWSに触れる機会がとても多く、担当する業務のほとんどで扱っています。日々新しいサービスがリリースされるAWSに慣れるには、今後も経験を積んでいくことが必要ですが、ラックでは手を上げればどんどん挑戦できる環境とそれをサポートしてくれるメンバーが多数いるので、自分でも驚くくらい成長できると思います。クラウドやAWSにご興味のある方がいたら、ぜひ私たちと一緒にやりましょう!!

窓口

株式会社ラック 採用情報

ラックでは、何事にも興味を持ち、たえず挑戦する意欲と好奇心を持ち続けてくれる方を求めています。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

関連記事

LAC WATCH

関連記事をご紹介します

  • メインフレームの構築・運用に従事する技術者の交流会「LAC Mainframe Day 2020」開催レポート

  • 自由って不自由だね...クラウド環境のセキュリティ管理者に希望の光は差し込むのか?

  • ベンチマークからみるIBMメインフレーム─AWS EC2 vs IBM LinuxONE

関連サービス
AWSインテグレーション