株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2017年03月02日 | サービス・製品

アカマイ・テクノロジーズとラック
セキュリティ協業強化の経緯 - 第2回「挑戦」

第2回「挑戦」

ルーキーの松坂大輔投手がイチロー選手との初対戦で3三振を奪い、「自信が確信に変わりました」と話したのは1999年5月のことです。早いもので18年の歳月がたとうとしています。

船出」からの4年間でお客さまからいただいたリクエスト。それは、

アカマイをラックのJSOCで、監視してほしい。

というものでした。
これほどうれしい言葉に出会うことはなかなかありません。ビジョンに確信をもって「船出」をした協業ですが、ビジネスとして成功する自信に変わったのは、何年かたったこの瞬間でした。松坂大輔とは自信と確信の順番が逆ですが、器が違うので仕方がありません。

協業の検討当初から、JSOCでアカマイのセキュリティ監視をするという構想はありましたが、言うは易し、行うは難し。
ここから先の困難は、想像のはるか上をいくものになります。困難のひとつはもちろん技術面。
世界中に分散配置されたアカマイの21万台の盾と、JSOCのセキュリティ分析をどう結び付けるのか。システム構成をぼんやりイメージしていただければ、難しそうなことが伝わるのではないでしょうか。
これはもう、技術革新のロードマップを見守ること、見守る以外に出来ることはありませんでした。そんな時です。

求めていなければ、授からない。だからいつでも求めていなければならない。
ついに授からないかも知れないが、求めていなければ授からないのだ。

NHKの人気番組「プロフェッショナル」で紹介された勅使河原蒼風の言葉が耳に飛び込んできたのは、偶然ではなかったのかもしれません。

異なる文化とテクノロジーを持つ2つの企業の看板メニューを結び付けることへの「挑戦」。技術面だけでなく、多くのことを乗り越える必要がありそうでしたが、長い「挑戦」になることを受け入れて、求め続ける日々は静かに目立たないように進んでいったのです。

次回は、最近起きた出来事から、 第3回「完封」をご紹介します。

第1回 アカマイ・テクノロジーズとラック セキュリティ協業強化の経緯 -「船出」

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top