株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2015年09月29日 | ラックピープル

はじめまして。2児を持つセキュリティエンジニア、鈴木 悠です。

 

「ラックさんって女性のセキュリティ技術者が多いですよね。」とよく言われます。しかし、そんなラックでもワーキングマザーのセキュリティ技術者はほとんどいません。

私は2006年にラックへ入社して以来、ずっとセキュリティ技術者として働いています。官公庁など公共機関のお客様を中心に、ガイドライン作成、調査解析、国内外の調査研究など様々な業務に挑戦してきました。文系出身ということもあり、何度も技術の壁にぶつかっては何とか乗り越えてここまでやってきました。結婚・出産後も同職を継続したいと思い、産後6ヶ月で復職、3ヶ月の時短勤務ののちフルタイム勤務を選択しました。

私は、自分がワーキングマザーになるまで子育てをしながら働くことについてきちんと考えたことがなく、以前と同じ働き方ができるだろうと思っていました。そして、復職後に毎週子供が熱を出して欠勤するという事態が発生し、そんな考えは夢物語だったと気がついたわけです。現実を知った私はというと、女性のセキュリティ技術者が子育てをしながらどのような働き方・キャリア形成ができるのかを模索し実践することにしました。

2014年からは業務の傍ら、女性セキュリティ技術者のコミュニティ形成を目的とした「CTF for GIRLS」の運営メンバーとしても活動しています。ブログでは、女性・ワーキングマザーなどをキーワードに自身の活動やセキュリティ関連情報について書く予定です。

子育てをしながら働く

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top