株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

【オンライン】海外における 最新メインフレームセキュリティアセスメント&監査 - BMC AMI Security

開催日 2021年03月19日(金)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

BMCが推進する新しい企業のあり方、DX推進に必要不可欠な自律型デジタル・エンタープライズにおいて、必要なものとは何か、新型コロナウィルスの課題を克服する、『自律型デジタル・エンタープライズ』を実現するために何が必要か、メインフレーム運用の観点から、具体的な事例を交えて最新のソリューションをご紹介いたします。

プログラム

Session 1:9:00~9:40

「メインフレーム・セキュリティ、なぜ今必要なのか。メインフレームにおけるセキュリティ評価のご紹介」

BMCソフトウェア株式会社
メインフレームサービス・ディレクター チャド・リカンサード
リードプロダクトマネージャー クリス・ペリー

メインフレームを取り巻く環境の変化から、求められるセキュリティ・アセスメントや監査のあり方も大きく変化しています。現状、海外ではメインフレームのアセスメントや監査はどのように行われているのか、どのように機能しているのか、どのような恩恵があるのか、どうやって規制要件へ対応しているのか等、BMCのメインフレームエキスパートが具体的な事例を交えながら詳しくご紹介します。

Session 2:9:40~10:10

「パネルディスカッション:ラックが聞く日本国内のメインフレーム・セキュリティリスクの真相とは?」

株式会社ラック
執行役員CTO 倉持 浩明
メインフレームサービスグループ 中田 弘文

日本国内ではインターネットに公開されていないことを理由にセキュリティ対策のスコープになりにくいメインフレームについて、第二回に続きセキュリティを事業の一角とするラックより、メインフレーム有識者も交えて起こりうる攻撃やリスクについてBMCへ質疑いたします。
BMCはセッション1の講演者が米国からバーチャル出演して質疑応答に対応いたします。(逐次通訳者同席)

開催日時 2021年3月19日(金)9:00〜10:30
形式 ライブ配信セミナー(Zoom)
インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンなどから参加可能です。
開催前日に、お申込みいただいたメールアドレスへ視聴方法をご案内いたします。
参加費 無料
申込期限 2021年3月18日(木)16:00
主催 株式会社ラック
共催 BMCソフトウェア株式会社

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

こちらのフォームより、参加のお申し込みをお願いいたします。