株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

【オンライン】CODE BLUE 2020 @TOKYO

開催日 2020年10月29日(木)〜 30日(金)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

プログラム

29日(木) 17:20-17:50

虚偽情報は真実よりも魅力的か?:ソーシャルメディアにおける虚偽情報の拡散を低減する

スピーカー:
株式会社ラック シニアリサーチャー 鈴木 悠

ソーシャルメディアにおいてdisinformation(虚偽情報)が拡散する背景について、disinformationの持つ性質と人の心理的側面から有効策を提案する。

ソーシャルメディアは、今や民主主義の脅威とされている。その理由は、ソーシャルメディアは国境を越え、人の心に直接語りかけることができるという性質を持つからである。2016年のブレグジットおよび米大統領選挙では、disinformationを活用したサイバー選挙干渉が大きな問題となった。

日本においても、デマ情報、誹謗中傷、なりすまし投稿、ハッシュタグを利用した抗議デモ、Infodemicによる買い占め騒動といったいくつかの事例が既に発生しており、今後問題となり得るdisinformationに関しても対策を検討しておく必要がある。

では、日本ではdisinformationに対するどのような施策を実施することが可能だろうか?

日本国内で利用されているソーシャルメディアの多くは外資系企業のサービスであり、法律面においては表現の自由がある。本セッションでは、新しい切り口として、ソーシャルメディアを利用する「人」に着目する。「なぜ、人はソーシャルメディアのdisinformationを信じ、拡散するのか?」を社会心理学の観点から説明していく。


スポンサーによる動画セミナー情報

開催当日のオンラインプラットフォーム上に、一覧掲載されます各スポンサー企業ページ内で詳細をご確認いただけます。

株式会社ラック デジタルペンテストサービス部

  • TLPTの概要と実施のコツ - 田中 優毅
  • ゲーム内世界を守るために我々ができることはあるのだろうか? - 松田 和樹
  • デジタルツイン時代のIoTセキュリティ - 仲上 竜太
開催日時 開催日時 2020年10月29日(木)〜 30日(金)
形式 ライブ配信セミナー
参加費 無料(事前登録制)
主催 CODE BLUE実行委員会

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申し込み方法、詳細は下記Webサイトをご覧ください。