株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

【オンライン】複雑高度化するIoTへのサイバー攻撃の現状と、AIによる未知の脅威への対応

開催日 2020年06月26日(金)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

プログラム

15:00 - 16:00

「複雑高度化するIoTへのサイバー攻撃の現状と、AIによる未知の脅威への対応」

デジタルトランスフォーメーション(DX)やSociety5.0の推進により、IoTを入り口とした現実世界からサイバー空間への投射=デジタルツインが進んでいます。インターネットに接続されたIoT機器は低価格ながら高度な処理能力を持った装置であるため、攻撃の端緒や踏み台として悪用されるケースが急増しています。本講演では、IoT機器を悪用する複雑高度化したサイバー攻撃の現状と攻撃手法を解説します。さらに、近年では防御するためのセキュリティ技術にAI・機械学習が活用されています。AIによるセキュリティ技術がどのように未知の脅威を検出し対応しているかを紹介します。

セキュリティプロフェッショナルサービス統括部デジタルペンテストサービス部長
サイバー・グリッド・ジャパン シニア・リサーチャー
仲上 竜太

開催日時 2020年6月26日(金)
15:00〜16:00
参加費 無料 / 事前登録制
定員 250人(先着順)
申込期限 2020年6月24日(水)
形式 ライブ配信セミナー(Zoom)

※ZoomIDは出席の方にお知らせいたします。

主催 岡山大学サイバーフィジカル情報応用研究コア(Cypher)、
おかやまAI・セキュアIoT共創コンソーシアム(OASIS)
共催 おかやまIoT推進ラボ

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申込方法、詳細は下記Webサイトをご覧ください。