株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

【東京】Security Online Day 2019
DX時代のセキュリティマネジメント〜不確かなセキュリティリスクをいかにコントロールすべきか〜

開催日 2019年09月10日(火)

サイバーセキュリティは、企業において経営課題として広く認識されるようになりました。

セキュリティリスクへの備えは、すべての企業に課せられた責務であり、デジタル・トランスフォーメーション(DX)時代の事業成長にとって不可欠な投資として捉えていく必要があります。

しかし、サイバー脅威は絶え間なく変化し、巧妙化が進んでいます。多くの企業が懸命に対策を進めているにも関わらず、標的型攻撃による標的型攻撃による情報流出、金銭的被害などインシデントが後を絶ちません。完璧なセキュリティ対策や技術が存在しないなか、セキュリティ責任者は"不確かなセキュリティリスク"をコントロールしていくという、難しいかじ取りが必要となっています。

本年度の年次カンファレンス『Security Online Day 2019』では、「DX時代のセキュリティマネジメント~不確かなセキュリティリスクをいかにコントロールすべきか~」と題して、アナリストや法曹界、専門家、先進ユーザー企業などを講師にお迎えし、来場者の皆さまに最新のセキュリティ対策に関する情報とアドバイスをご提供していきます。

プログラム

特別講演 12:55~13:45 【A-4】

DXに向けた事業会社に求められるセキュリティ人材戦略とは

特別講演 17:40~18:30 【A-9】

Q&Aセッション:
DXに向けた事業会社に求められるセキュリティ人材戦略とは

喜多羅 滋夫[日清食品ホールディングス]/ 橘 喜胤[楽天ウォレット]/ 茂岩 祐樹[ディー・エヌ・エー]/ モデレーター:原子 拓[ラック]

DX時代が始まり、今後より一層DX化の波が押し寄せてくることが想定されています。

企業のIT投資は、今までのコスト削減や効率化のための投資から、デジタル市場における新規ビジネスやイノベーションへの投資へと変化しています。DX環境を支えるAIやビッグデータといった基盤技術は、現在の社会インフラと同様の位置付けになり、サイバー空間とフィジカル空間が融合される世界では、セキュリティはますます重要性が高まります。しかしながら、セキュリティを支える人材は圧倒的に不足していると言われています。本セッションでは、DX時代において勝ち残るために必要なセキュリティ戦略と、その中でも特に重要な人材について各社の考えや取り組み、今後、必要とされる人材像について大いに語っていただきます。

※ Q&Aセッションでは、【A-4】で討議したセッション内容をさらに深堀りしていきます。会場の皆様の疑問や質問に登壇者がお答えするインタラクティブなセッションです。

開催日時

2019年09月10日(火) 10:00 ~ 18:30(受付開始 9:30)

会場

〒101-0062 東京千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティ2F

アクセス | 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社翔泳社

お申し込み方法

お申込方法、詳細は下記Webサイトをご覧ください。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top