株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

【東京】MPOWER 2018に出展

開催日 2018年11月08日(木)

2018 MPOWER

「2018 MPOWER Cybersecurity Summit」はマカフィー株式会社が主催する、国内最大級の情報セキュリティカンファレンスです。ラックは昨年に引き続き、本年もダイヤモンドスポンサーとして出展協賛いたします。ぜひ、最新のサイバーセキュリティの状況を把握および今後のセキュリティ対策の一助として、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

2018 MPOWER Cybersecurity Summitについて

本カンファレンスは、サイバーセキュリティを経営や組織運営上の重要課題の一つとして位置づけ、経営面でサイバーセキュリティの取り組みを支える立場の方から、現場で日々運用に取り組んでいる方を対象に、最新脅威動向や対策、運用ノウハウなど様々な情報が提供される場となっています。
世界のセキュリティ情報が集まる年に一度のカンファレンスとなっており、本年度も最新情報を多彩なテーマで学べるセッションを豊富に取り揃えています。ここでしか得られない情報を是非お持ち帰りください。

ラックの出展内容

ダイヤモンドスポンサーセッション(14:30~15:10)

「企業が対応すべきサイバーセキュリティ対策」
代表取締役社長 西本 逸郎

先般発生した北海道での激震とその影響による電力ブラックアウトや、昨年世界中を泣かせた「WannaCry」がもたらした産業制御システムへの影響。また、従来から行われてるサイバースパイと思わしき輩の情報窃取、さらに密かに行われる仮想通貨盗掘など。本セッションでは、これらのインシデントを教訓に、組織や組込系システムなどで対応すべき対策や、生き残りのために想定すべき事項とその対応方法に関して考察します。

ブース展示内容

マカフィー製品を中心としたJSOC®による24時間のセキュリティ監視・運用サービスを展示します。
JSOC(Japan Security Operation Center)は、ラックが運営する国内最高峰のセキュリティ監視・運用センターです。18年以上の経験と実績を誇り、業界屈指のサイバーセキュリティのプロフェッショナルであるアナリスト総勢100名以上が、24時間365日の体制でさまざまな脅威からお客様の大事な情報資産を守っています。また同ブースでは8月1日より開始しました、最先端の現場から独自に集積・分析したサイバー攻撃の脅威情報を提供する「JLIST」もご紹介します。

開催日時

2018年11月8日(木)8:30~18:00(受付開始8:15)

会場

ザ・プリンスパークタワー東京 B2F
〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目8-1
アクセスのご案内

対象者

企業、官公庁の情報システム部門・セキュリティ管理者、リスク・コンプライアンス部門、セキュリティ製品の販売店・システム インテグレータの担当者

参加費

無料(事前登録制)

内容
  • マカフィーエグゼクティブ、外部ゲストスピーカーによる基調講演
  • 国内外のサイバーセキュリティ最新動向、今課題となっている人材不足/育成対策、働き方改革、実際のセキュリティ インシデントを想定した体験型セッション等、多様なブレイクアウトセッション
  • マカフィー、ソリューションパートナーによる製品・ソリューション展示
主催

マカフィー株式会社

お申し込み方法

お申込方法、詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top