株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年10月23日 | ラックピープル

地球上でもっとも洗練された開発環境を目指す。HashiCorp社の主催する開発者の祭典HashiConf'19に参加

ラックはITシステムの開発と運用に加え、セキュリティの仕組みが変わる「DevSecOpsデブセクオプス」の導入を推進するお客様の支援を目的に、2019年8月にHashiCorpハシコープ Japanジャパン株式会社と認証・認可情報(シークレット)管理ソリューションでの協業を開始しました。

こうした中、HashiCorp社のワールドワイドのカンファレンス「HashiConf'19」が2019年9月9日~11日の3日間、米国ワシントン州シアトルで開催され、クラウドネイティブ時代に注目を浴びるHashiCorp社が本社のある米国内でどのような立ち位置にあるのかを確認するために参加しました。

HashiCorp社のワールドワイドのカンファレンス「HashiConf'19」
ワールドワイドカンファレンス「HashiConf'19」

HashiCorp社とは

HashiCorp社は、カルフォルニア州サンフランシスコにあるユニコーン企業(評価額10億ドル以上の非上場、設立10年以内のベンチャー企業)であり、クラウドコンピューティングを活用する際のプロビジョニングやセキュリティ保護、接続性、アプリケーション展開を一貫して支援するソリューションを開発し、提供しています。米Forbesが選ぶ世界のクラウドランキング 2019年度「Cloud 100 * 」では4位にランクインしました。

* The Cloud 100 2019 - Forbes

創業者のMitchellミッチェル Hashimotoハシモト氏とArmonアーモン Dadgarダドガー氏はともにソフトウェア開発者で、現在も第一線で製品開発を続けています。彼らの作り出すソフトウェアは、主にクラウド上に構築される大規模なシステムの開発と展開、運用の自動化による効率化と、人的ミスの削減という目的で一貫しています。そしてそれらのツールはオープンソースとして提供され、膨大なエンジニアが彼らのコードと実行環境を活用しています。

革新的で洗練されたHashiCorp社の製品は、すでに世界中で利用され多くのファンが存在しています。そして、オープンソースとして最先端のエンジニアたちに活用され完成度を高めると同時に、エンタープライズ環境で利用する際に必要となる機能を追加し、商業ソフトウェアとして成功しつつあります。

ワールドワイドカンファレンス HashiConf'19

HashiConf'19は、 格式高いシアトルダウンタウンのハイアットリージェンシーで行われるということで、硬い感じの雰囲気を予想していましたが、会場はHashiCorp社の製品ロゴが窓を飾るなどやわらかい雰囲気を演出し、参加者も開発者らしいラフな装いです。

HashiConf'19は、カンファレンス、パートナーサミット、トレーニングと目的別に分かれており、参加者の担当業務により参加日が変わります。
しかし、参加者の一番の関心事はHashiCorp社のテックリードが登壇する基調講演で、講演会場となった収容人数1,900人を誇るボールルームはソフトウェア開発者とみられる参加者で満員となりました。

講演会場となった収容人数1,900人を誇るボールルームはソフトウェア開発者とみられる参加者で満員

会場はソフトウェア開発者とみられる参加者で満員

HashiCorp社の理念

登壇したのは、創業者で共同最高技術責任者(Co-CTO)の2人と最高経営責任者(CEO)のDaveデイブ McJannetマクジャネット氏です。 Dave氏は、創業者でありCTOでもあるほかの2人の技術的なお話とは異なり、HashiCorp社の理念について語りました。

マルチクラウドの世界となった今、群雄割拠するクラウドプロバイダーの素晴らしい機能をプロビジョニングし、ビジネスに簡単に活用できる環境がそろい、HashiCorp社の提供する技術がユーザーの負担を軽減させること。そして、マルチインフラ時代のコンテナ実装を考えたときに、IDベースのセキュリティモデルの実装が必要になると訴えていました。

HashiCorp社の技術ポートフォリオに置き換えると、アプリケーションが頻繁に更新されライフタイムが極端に短くなった現在、Terraformのようにアプリケーションと実行環境をスムーズにデプロイできることと、VaultのようにIDベースセキュリティ上に構築されたマルチクラウド上のシークレット管理、Consulのようにクラウドアプリケーションのトラフィック分析とデプロイシステムと連携した負荷管理が実装される世界を示しました。

最後にDave氏は、会場にいるユーザーこそがこれら統合化されたシステムと現実の組織をつなげる役目を持ち、最も重要な役割を担っているのだと語りました。
HashiCorp社は、地球上でもっとも洗練されたアプリケーション開発環境を提供することが望みであり、ユーザーであり開発者である会場の方々が変化を望むことが力になると熱く語りました。
HachiCorp社はイネーブラー(支援者)であると語ります。そして主役はユーザーであるとも。この明確なメッセージとその説得力を増すプロダクトポートフォリオ、そして会場にあふれた開発者の熱気が、オープンソースという巨大なコミュニティとともに世界を変える期待感につながっています。

Terraformの新機能発表

Armon氏により、Terraformの新機能が発表
HashiCorp創業者、Co-CTO Armon Dadgar氏

続いてArmon氏により、Terraformの新機能が発表されました。

Terraformは、AWSやMicrosoft Azure、VMwareなどマルチクラウド環境でのプロビジョニング情報を特定のインフラ、クラウドに依存しない形式でコードとして記述し適用できる「Infrastructure as Code(IaC)」を実現する代表的なソフトウェアです。

今回発表されたTerraform Cloud for Teamsの特長は、利用する人数の制限がなくなり、セキュリティの設定などが可能になったこと、またTerraform CloudとTerraform Enterpriseで、コードとして記述されたインフラ定義から自動的にクラウドの月額費用などを見積もる「Cost Estimation」が利用できるようになった点があります。 Terraform自体は、OSSのIaCの代表的なものとして認知されていますが、有償版であるTerraform Enterpriseではインフラ環境構築の際の操作ミスやコード記述ミスによるインフラ破壊を防ぐためのポリシー管理機能やガバナンス機能を持っており、今回発表された「Cost Estimation」を加えることでガバナンス機能が更に強化されました。

Consulのリリース発表

次にMitchell氏から、Consulに関する発表がありました。

Consulはサービス検出や設定を簡単に行うことができ、また「サービスヘルスチェック機能」「イベント機能及び状態変化のイベント通知機能」「リモートコマンド実行機能」などを併せ持ったサービス管理製品です。

Mitchell氏から、Consulに関する発表
HashiCorp創業者、Co-CTO Mitchell Hashimoto氏

今回は主にHashiCorp Consul Service(HCS)on Azure β版のリリースが発表され、多くの開発者が好意的に受け入れていました。

カンファレンス会場脇のフリーミール

フリーミール

フリーミール

このように、オープンソースコミュニティの熱気に圧倒されたイベントでしたが、カンファレンス会場の脇も重要な情報源となっています。
海外のカンファレンスではよくあるフリーミールです。

ここで食事をとる間に、多くの技術者の方に声をかけていただき、実際にHashiCorp製品を使っている、また売っている方々の双方から話が聞けるというのは、国内のイベントでは経験したことが無いものでした。
例えばVaultについては動的シークレット管理(Dynamic Secret)が差別化要素になると認識していますが、現地で実際に使っている方々からはEncryption as a Serviceとしての利用やKey/Value保管目的で利用されている(それもEnterprise版)事例をお聞きすることができ、製品の利用シナリオについてはもっと研究の余地があると感じました。

あっという間のHashiConf'19でしたが、同社の製品を取り扱い、日本に紹介できることがとても誇らしく、この熱気を日本の皆様にも感じていただきたいと思っています。
次回開催のHashiConf'20は2020年10月13日~15日に米国カリフォルニア州サンディエゴで開催されます。
ぜひ皆様も私たちと一緒に、この熱気の中に飛び込んでみませんか。


この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top