株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

LAC WATCH
2016年07月28日 | ラックピープル

7月25日の人材育成セミナーで何を伝えたか、何を伝えたかったか#0

7月25日のセミナーでお話したことをご紹介
7月25日に「第1回オープンセミナー『実践的セキュリティ人材の育成』」が開催され、
「ビジネスとセキュリティを守る人材育成」というタイトルでお話ししました。 ご想像の通り、Hardening Projectで得られた知見をお話しさせていただきました。
実はHardening Projectもかれこれ8回実施しまして、色々と気付いたことがあったなと思いまして、それをまとめて発表しました。

2012年 4月 Hardening Zero(東京)
2012年10月 Hardening One(東京)
2013年 7月 Hardening One Remix(東京)
2014年 6月 Hardening 10 APAC(沖縄)
2014年11月 Hardening 10 Evolutions(沖縄)
2015年 6月 Hardening 10 MarketPlace(沖縄)
2015年11月 Hardening 10 ValueChain(沖縄)
2016年 6月 Hardening 100 Value x Value(沖縄)

2011年の震災後に「ビジネスに貢献できるセキュリティ技術を持ったエンジニアを育てたいよね」と言い出して始まったHardening Projectでした。徐々に参加してくれる人の幅も広がってきました。当初は「そんなところに参加するなんて恐れ多い」「組織のメンツがあるんで」「上司が許可してくれなくて」と及び腰だった人が少しずつ参加してくれるようになり、それがまたいろんな気づきを生むきっかけになりました。主催している側としてもありがたいことです。
以前のブログ(セキュリティ人材育成のために何が必要か)で、もったいぶってしまったお詫びに本日より、得られた気づきをブログで連日公開していきたいと思いますので、お楽しみに。

ビジネスとセキュリティを守る人材育成~得られた10個の気づき~

まず初回は「マルウェア感染にはなかなか気づかない」を取り上げます。ぜひ続けてお読みください。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top