株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2015年11月20日 | ラックピープル

Hardening 10 ValueChain無事開催

11月7日~11月8日に「Hardening 10 ValueChain」を沖縄県宜野湾市で開催してきました。

私をはじめラックメンバーが参画しているWASForum Hardening Projectの7回目の企画である「Hardening 10 ValueChain」を沖縄県宜野湾市で開催してきました。前回のコンセプトはMarketPlaceでしたが、今回はそのMarketPlaceのコンセプトを取り入れつつ「ValueChain」という新たなコンセプトに挑戦しました。参加者はそれぞれのスキルに応じて10人でチームが編成され、6チーム合計60人がビジネス価値の向上に寄与する技術、コミュニケーション能力、精神力を切磋琢磨しました。

Hardening 10 ValueChain

詳細については@ITのコラムで書くとして、今回のコラムではいくつかのハイライトをお伝えします。

  • 優勝チームのリーダーは競技当日にPCを一切開かずにマネジメントに専念した
    →チームビルディング、コミュニケーションの重要性を確認
  • マーケットプレイスに出品された技術者2人がいきなり8時間のフルタイムで売り切れた
    →人手不足のセキュリティ業界は人材確保が課題
  • マーケットプレイスから調達したサービス内容について発注者、受注者の認識のすれ違いが発生
    →現実でもよくあること。サービス内容はしっかり確認したい
  • 競技前日に様々な理由により欠席者がでたため、各チームの対応の柔軟性が問われる
    →チームメンバーがインフルエンザに罹った場合の対処を考える時期?
  • 会場にいたPepperが饒舌にしゃべり、参加者に情報提供を行う
  • 会場で篠田先生が操縦したドローンが墜落。参加者にあたる!!
  • 大阪からの参加者は「痛くない。むしろ、おいしい」
  • さらにこの参加者は沖縄コンベンションセンターから那覇市内までヒッチハイクで帰る行動力のある猛者

Hardening 10 ValueChain

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top