株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

クラウドインテグレーション

セキュリティ診断付Azure移行支援サービス

サポート終了間近のWindows Server 2008の延命を、Microsoft Azureへの移行で支援

Azure移行支援サービス

2020年1月14日で、Microsoft Windows Server 2008のサポート期間が終了します。セキュリティの問題は経営者の課題と言われる中、メーカーのセキュリティ対策が終了した製品を使い続けることはお勧めできません。しかし、業務に使われているサーバをサポート終了日までにバージョンアップすることが困難なシステムも多く存在しています。
そこでラックは、Microsoft Azure環境に移行することでWindows Server 2008を3年間延命し、移行までの猶予を手に入れることをお勧めします。

Windows Server 2008を3年延長

マイクロソフト社は、自社製品のメンテナンスを行う「サポート期間」を製品毎に定めており、大量に販売され利用者が存在する製品に関しては、その製品のサポート期間の終了が度々社会的な問題として話題となりました。

Windows Server 2008は、同社初の仮想化技術を搭載したサーバ製品であり、企業の根幹システムなど重要な役割を持つシステムとして大量に稼働しており、来年2020年1月14日には、同社の企業向け基幹製品として販売されたWindows Server 2008のサポート終了が決まっています。

2020年1月14日には、同社の企業向け基幹製品として販売されたWindows Server 2008のサポート終了が決まっています

サポート終了後にセキュリティアップデートプログラムの提供を受けるには、同社と延長サポート契約をするか、新しい製品へのバージョンアップが必要となります。しかし、いずれも高額な費用(延長サポートの契約の場合、年額で全ライセンス金額の75%の費用)が必要となる上に、バージョンアップ作業には年単位の移行期間が必要となることから、サポート終了が間近に迫ったWindows Server 2008に対しては現実的ではありません。

Microsoft Azure環境に移行することでWindows Server 2008を3年間延命し、移行までの猶予を手に入れることをお勧めします

セキュリティアップデートをしないまま運用した場合、2015年に世界的に大きな脅威となった「ワナクライ」に代表されるように、閉鎖されたネットワーク環境は安全と思われがちなものの、マルウェアに感染した場合に一気に感染が拡大し、企業経営に対して大打撃となる懸念があります。

ラックは、Microsoft Azureへのクラウド移行を支援する「セキュリティ診断付Azure移行支援サービス」を提供し、次のメリットをお客様に提供いたします。

Azure移行後のメリット

セキュリティ対策
セキュリティ対策
セキュリティ対策
セキュリティ対策
Windows Server 2008をAzureに移行することで、3年間マイクロソフトからセキュリティ更新プログラムの提供を受けることができます。
パフォーマンス向上
パフォーマンス向上
Windows Server 2008が発売された前後のコンピュータは、現在のサーバ機と動作速度やストレージ容量の面で大きな進歩があります。Azure環境に移行することで、現在オンプレミスで使用しているサーバの性能を高め、ストレージ容量も増えるなど大きなメリットがあります。
コスト抑制
コスト抑制
自社運用による機材や人件費などの費用を抑えることが期待できるとともに、セキュリティ更新プログラムの提供を受ける延長サポート費用を削減することができます。
安定運用・BCP
安定運用・BCP
大災害時には多くの企業で情報資産が失われるリスクがあります。Azureに移行することで、貴重な情報やシステムそのものをバックアップできるため、安心・安定した運用が期待できます。

セキュリティ診断付Azure移行支援サービスの内容

セキュリティ診断付Azure移行支援サービスは、オンプレミス上に構築されたシステムを、Azure(クラウド)環境へお引越しします。また、移行後のシステムのセキュリティ診断を行うことで、より安全性を高めることができます。

計画フェーズ
対象システム、
サーバ機器のシステム構成、
ネットワーク構成の把握
ヒアリングシートに記入いただくことで、Azure移行の規模や内容の把握を行います。
Azure環境へのマイグレーション設計 Azure環境への移行に関して、サーバシステムだけでなく、アプリケーション構成、キャパシティプランニングなどを見積もります。
クラウドへのVPN接続・
閉域網接続するためのネットワーク設計
オンプレミス環境とクラウド環境のネットワーク構成について設計します。
移行フェーズ
移行用サーバの設置 移行元の環境に移行用のサーバ(物理または仮想)を設置させていただきます。
移行先環境の構築 移行先のAzureネットワークと移行用サーバの構築を行います。
クラウドへのVPN接続・
閉域網接続するためのネットワーク構築
オンプレミス環境とクラウド環境の通信環境の設定などを行います。
データ同期 移行元のサーバのデータを移行先に同期します。
移行テスト 移行先のサーバが正常に稼働することを確認します。
移行実施 業務を停止しデータの差分コピーを行いサービスの切替を行います。
システム移行確認 移行したシステムの稼働確認を行います。移行確認の内容については、お客様とのご相談のうえで決定します。
簡易セキュリティ診断 移行したシステムに対してプラットフォームセキュリティ診断を行います。
支援フェーズ
運用支援 運用開始後の稼働伴走を行い、問題の解決を行います。
運用支援の内容や期間は、お客様とのご相談のうえで決定します。
作業環境の破棄及び原状復帰 移行作業で発生した作業環境や、オンプレミス環境で原状への復帰が必要なものの後片付けを行います。
オプションサービス
ユーザーサポートサービス 移行したAzureに関する利用や管理方法に関して、ラックのエンジニアが電話などによるサポートを提供します。
Azure環境移行後のアドバンスドセキュリティ診断およびリスクアセスメント より広範囲かつ詳細なセキュリティ診断、及びデータ運用やポリシーなど全般を評価するリスクアセスメントサービスを提供します。
プラットフォームマイグレーション、
システムリプレースに関する支援
Azureへ移行することで延命したWindows Server 2008を、最新のプラットフォームへ移行するか、システム自体を見直すかなどのアドバイスが必要な場合には、提案します。

Azure移行で無償サポート対象のライセンス

  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Detacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Detacenter
  • SQL Server 2008 Standard
  • SQL Server 2008 Enterprise
  • SQL Server 2008 Detacenter
  • SQL Server 2008 R2 Standard
  • SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • SQL Server 2008 R2 Detacenter

サービス提供の流れ

ヒアリングシートのご提出、
対面ヒアリングの実施


お客様のネットワーク環境やOS・ミドルウェアの設定内容についてヒアリングシートへご記入、もしくは対面ヒアリングで把握します。

打ち合わせ

ご記入頂いたヒアリングシートをもとに移行に向けた作業、スケジュールについて相談いたします。
また、必要な場合、セキュリティリスク簡易診断を行います。

お見積もり

費用およびスケジュールの計画を行います。

設計及びご同意

システム移行及びネットワーク構成の設計書をもとにご同意いただきます。

移行作業

オンプレミス環境からクラウド環境へのリフトアンドシフトを行います。

運用伴走

お客様のご要望により、移行後の運用状況を伴走確認いたします。

オプション対応

ご要望があれば、ユーザーサポートやセキュリティ診断および次期システム移行のご支援をいたします。

価格および期間

Windows Server 2008サーバ5台の移行の場合のモデルケース

 価格 約150万円〜(期間 約1か月)

  • 移行ツール使用料費
  • 調査・設計費
  • 移行作業費
  • 運用伴走費(1週間)

※ この価格は、モデルケースを基にしたサンプル価格であり、移行するシステムの内容やご要望の内容により異なります。
※ クラウド利用料は含まれておりません。
※ サービスの切替とサービス確認はお客様に実施していただきます。

お問い合わせ

Azure移行支援サービス
に関するお問い合わせ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top