株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年03月07日 | サービス・製品

攻撃の防御や事故対応、そして予見にも効く脅威インテリジェンスとは

最近、「脅威インテリジェンス」という言葉を見ることや、耳にされることが増えたのではないでしょうか。

実際、2018年に入ってから、このような文言を使って様々なセキュリティベンダーがサービスを提供したり、メディアが取り上げたりすることが増えてきました。

脅威インテリジェンスとは

「脅威インテリジェンス」は、スレットインテリジェンスとも呼ばれ、サイバー攻撃を行う犯罪者の背景や目的、手段などの情報や、過去の攻撃の技術的な内容や傾向を蓄積した情報のことを言います。これらの膨大な情報をサイバー攻撃の防御に活用することができないか、セキュリティ分野において期待されています。

これまでのセキュリティ対策

セキュリティ対策といえば、ネットワークやシステム機器などにセキュリティ対策製品を導入することや、効果的な運用を行うためのCSIRTの組織化、またサイバー攻撃による事故が発生した際の緊急対応などが知られています。しかし、標的型攻撃などサイバー攻撃の巧妙化や、窃取された情報が悪用されるケースが拡大するなど、これまでのセキュリティ対策では十分でない、という認識が世の中に広がっています。

これからのセキュリティ対策

さらに詳しく知るにはこちら

Threat Landscape Advisoryサービス

一般的なセキュリティ対策として、セキュリティ対策機器を導入して脆弱性への攻撃を防いだり、マルウェアといった攻撃行為を検知し防いだり、また攻撃が発見できず被害が出てしまった場合でもダメージを最小限に抑えるため事故調査を行うといったことが挙げられます。このような一連の対応に脅威インテリジェンスを活用することで、より精度を高めた対策を取ることが可能になります。

さらに、脅威インテリジェンスを活用することで、犯罪者のサイバー攻撃の計画を事前に察知するなど、犯行を予見するなどの新しい効果も期待できます。

脅威インテリジェンスの活用範囲

脅威インテリジェンスの活用範囲

今後のセキュリティ対策は、セキュリティ対策製品を導入して終わり、という考え方から、膨大な脅威情報から自社に影響のある脅威を把握し対処することが求められると考えられます。

そこで、「どのように脅威インテリジェンスをセキュリティ対策に活用できるのか」についてのセミナー(無料)を開催します。当社のこれまでの幅広いサービスから収集した情報をもとに、脅威インテリジェンスに対する理解を深めていただくためのセミナーです。

定員になり次第募集を終了いたしますので、ご興味のある方は、お早めにお申し込みください。


脅威インテリジェンス最前線 セミナー(概要)
眼前の脅威、見えない脅威に立ち向かう極意を伝授

開催日時 2019年3月15日(金) 14:30~17:00(受付開始 14:00)
会場 株式会社ラック 本社2階
定員 80名
参加費 無料

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top