株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2019年01月01日 | お知らせ

2019年 年頭のご挨拶

皆様あけましておめでとうございます。
2019年の年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。

昨年は、大阪府北部地震、島根県西部地震、北海道胆振東部地震、西日本豪雨などの大きな災害に見舞われた年でした。特に暴風で様々な被害をもたらした台風の直撃や、記録的猛暑などによるこれまでの自然災害に留まらず、地震により発生した北海道全域での電力ブラックアウト、台風により発生した静岡での長期に及ぶ大規模停電など生活や社会基盤となっている電力喪失を目の当たりにしました。

毎年師走に「今年の漢字」が発表されていますが、2018年は「災(わざわい)」が選ばれたことを深く納得できた年でした。

さて、迎えた新しい年は、昨年の「災」からの立て直しを考えますと、辛抱の年になるのではないかと思います。今年は60年に一度の「己亥(つちのと・い)」と呼ばれる干支で、調子に乗り過ぎると良くないといういわれもあるようです。辛抱というと暗い気分になりがちですが、目標のために耐え忍ぶのが「辛抱」と言えそうです。

つまり、辛抱には「希望」があります。希望(目標)を胸に、今年も社員一丸となってまい進してまいります。

皆様におかれましては何卒一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年1月1日
株式会社ラック
代表取締役社長 西本 逸郎


ラックグループ社員向け年頭挨拶(要旨)

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top