LAC WATCH

セキュリティとITの最新情報

RSS

注意喚起 | 

【注意喚起】「SKYSEA Client View」インストーラに脆弱性(CVE-2021-20616)、最新版の利用を

LAC Advisory No.130

セキュリティ診断センターの熊丸です。

SKYSEA Client Viewは、Sky株式会社の提供する製品でIT資産管理に必要となる機能を標準で搭載したオールインワンのIT資産管理ツールです。利用者は非常に多く、2020年9月時点で約1万6千以上のユーザに利用されています。

今回、私の方で「SKYSEA Client View」インストーラにDLL読み込みに関する脆弱性を発見したため、IPAに届出を行いました。

この脆弱性が悪用されると、インストーラを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性があります。

そして、この度Sky社によるインストーラの修正が完了し、脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」にて公開されました。「SKYSEA Client View」導入企業の情報システム管理者、および利用者の方が新たにソフトウェアをインストールする際には、最新版のインストーラを利用してください。

なお、本脆弱性の影響を受けるのはインストーラの起動時(当該製品のインストールおよびアンインストール時)のみです。すでに製品をインストールしている場合、再インストールする必要はありません。

また、Ver.13.000.11oより前のバージョンについては、保守期間が終了しており対策は提供されないため、最新版のインストーラを使用ください。

影響を受けるシステム

SKYSEA Client View Ver.1.020.05b から Ver.16.001.01g まで

詳細情報

SKYSEA Client Viewインストーラには、DLLを読み込む際の検索パスに問題があり、同一ディレクトリに存在する特定のDLLを読み込んでしまう脆弱性が存在しました。

画像は、細工したDLLを同一ディレクトリに配置した状態でSKYSEA Client Viewインストーラを起動した際の様子です。SKYSEA Client Viewインストーラが起動する際に、細工したDLLを読み込んだことでメッセージボックスが表示されました。これは、利用者が意図していないにもかかわらず、メッセージボックスを不正に表示させられたことを示します。

SKYSEA Client Viewインストーラでメッセージボックスが不正に表示されている様子
メッセージボックスが不正に表示されている様子

対策方法

開発者が提供する情報をもとに、最新版のインストーラを使用ください。

【重要】DLLプリロードの脆弱性に関する注意喚起(CVE-2021-20616)|Sky株式会社

公表までの経緯

本問題は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき、ラックからIPAに報告し、JPCERT/CCにより開発者との調整が行われました。

JVN#69635538
JVNDB-2021-000003

CVE番号

CVE-2021-20616

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ