株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

【オンライン】メインフレーム環境のコスト最適化に必要なキャパシティマネジメント

開催日 2020年09月09日(水)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

一時は、オープン系サーバー製品により淘汰されると考えられていたメインフレーム。

従来からメインフレームの優位性であった、信頼性・可用性・拡張性・堅牢性に加え、クラウド・モバイルへの対応やオープン系処理専用プロセッサの搭載などの変革を経て、今なお金融機関を中心とした多くのユーザーが使用しています。

しかし、メインフレームの運用には多大なコストがかかります。システム運用コストが膨大になり事業におけるIT投資の足かせになる事例が散見されることから、コストの占める割合が大きいハードウェアのキャパシティと月額ライセンス料金の最適化へのニーズが高まっています。

本セミナーでは「メインフレーム環境のコスト最適化に必要なキャパシティマネジメント」と題してメインフレームのコストとパフォーマンス/キャパシティに焦点を当て、BMCソフトウェアとラックのスペシャリストが対策方法を提案します。

プログラム

Session1:『BMCが取り組むコスト削減事業と新製品AMI Capacity Managementの紹介』

BMCソフトウェア株式会社 カントリーディレクター 古賀 芳和
BMCソフトウェア株式会社 シニアソフトウェアコンサルタント 亀井 泰彦

Session2:『BMC製品を活用したメインフレーム分析サービス』

株式会社ラック メインフレームサービスグループ 藤井 一成

開催日時 2020年9月9日(水) 11:00〜12:30
形式 ライブ配信セミナー
参加費 無料(事前申込制)
申込期限 2020年9月8日(火) 16:00
主催 BMCソフトウェア株式会社、株式会社ラック

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

こちらのフォームより、参加のお申し込みをお願いいたします。