株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

企業市民活動

「ラックは、本業を通じて企業としての社会的責任を果たし、皆さまに選ばれる企業を目指します」

情報セキュリティによる顧客保護に代表されるように、事業のあり方、行う企業活動そのものが企業市民として恥ずかしくない活動であることが、ラックイズムであります。 社会貢献、ではなく、企業市民としての活動をメインに実施しています。

ITリーダーの発掘

ITは今後も企業活動、ひいては国家戦略の重要な要素であり続けます。卓越したIT技能を若年層から発揮する将来のITリーダーを発掘し、日本の担い手として育成します。

ITという業務には、ある種の適正があるといわれており、その適性は若年から発揮される傾向にあります。ラックのようにカッティングエッジな 事業を展開する企業はこういった『天才肌』な社員を雇い、その才能が ビジネスを牽引するモデルとなります。

まさに人材を獲得するためには、企業のブランドや業務を魅力的なものにする必要がありますが、多大な費用をかけてブランド戦略をするよりも効果的なものが、就業前からの刷り込み活動、いわゆる人材発掘活動による企業イメージの構築活動と考えています。

「セキュリティ・キャンプ」への協力

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/security-camp.html

ITスーパーエンジニア・サポートプログラム "すごうで"

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/student-support.html

若きリーダーたちへ特別講義 "山田章仁選手からのエール"

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/new_leader.html

ITリーダーの発掘

IT人材の育成

高度情報化社会においてはITを利用できるだけでなく、ITを活用して価値を創造できる人材が必要です。ラックは、当社の持つ技術を活用し、IT人材の育成に貢献します。

日本はIT業界としてのマーケットサイズは大きいものの、残念ながらIT技術の発信において、諸外国の後塵を拝していることは否めません。これは、プラットフォーム、サービスともに米国を中心としたマーケットで創出された価値観から生み出された製品が、国内に持ち込まれていることに他ならず、ノウハウの蓄積と共有で立ち遅れているためです。

しかしながら、昨今の若年層の技術者は、このような国際格差を感じさせない成長を見せています。ラックは、このような若い技術者を育成支援し、日本の次期ITリーダーに成長させる取り組みを行い、日本の情報産業の発展に寄与します。

セキュリティ技術競技への協力

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/competition.html

「セキュリティ・キャンプ」への協力

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/security-camp.html

ラック社内で行われるユニークなITエンジニア教育

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/lac_education.html

「シリアスゲーム」を活用したセキュリティ人材育成

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/serious_games_for_sec.html

IT人材の育成

情報セキュリティの啓発活動

情報セキュリティ対策は、ITを活用する個々人の情報リテラシーと、IT技術、そして不正な行為に対応する適切な知識が必要です。ラックはこれらの情報セキュリティ対策に必要な知識の啓発活動に積極的に参加します。

ラックは、システム開発とそこから派生した情報セキュリティ事業を柱に事業展開しています。この中で、情報セキュリティで問題となるサイバー攻撃のように、攻撃者が圧倒的に優位で防御側のコントロールが困難な問題に対し、セキュリティ事業で蓄積する危険情報をお客様に提供し、安全なIT活用を支援する取り組みを行います。

また、こういった情報を収集して、得られた情報から対策を行う際に重要なセキュリティリテラシを高めるための啓発活動への取り組みも行います。

政府および関連組織およびセキュリティ業界が行う啓発活動への協力

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/education.html

注意喚起情報の積極的な情報開示と、各種レポートによる最新情報の提供

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/security_information.html

ラック会社訪問による職場体験

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/work-experience.html

情報セキュリティの啓発活動

国際協力活動

サイバー犯罪は、日本国内のみならず世界各国において、年々その深刻さを増しています。ラックは、海外研修生の受け入れによる人材育成や国際カンファレンスにおける最新トレンドの発信を通じ、サイバー犯罪に対する国際協力を進めていきます。

インターネット及びIT技術の発展は、私たちの生活を一層発展させ、便利なものとしました。その反面、インターネットバンキングを狙った不正送金、クレジットカード・情報の搾取、ITインフラの遅延・停止など、サイバー犯罪による被害が深刻化、経済への影響も懸念されています。世界各国にて、セキュリティ対策を早急に進める必要がある一方、一部の国々では、サイバーセキュリティの教育環境、安心・信頼できるサービスといった土壌が十分揃わず、結果サイバー犯罪への対処が十分に進まない状況にあります。

ラックは、これまでの経験、培った知見・ノウハウを活かし、海外研修生の受け入れ・セキュリティ人材の育成、安全なサイバー空間の構築に寄与しています。

また、国際カンファレンスを通じ、日本国内における最新のサイバー情報などを発信することにより、各国との情報交換、連携を進めていきます。

海外研修生の受け入れ

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/overseas_trainees.html

海外セキュリティカンファレンスへの参加

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/security_conference.html

国際協力活動

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top