閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

社員行動指針

「社員行動指針」は、企業行動規範の趣旨を具体的なラックグループ社員の行動(求められる行動、してはならない行動)の基準として定めたものです。

1.健全な事業活動と永続的な発展

(1)企業の永続的な発展に貢献します。

私たちは、良識ある企業人・組織人としての自覚を常に持ち、自由・公正かつ健全な事業活動を通じて適正利潤の追求に努め、企業の永続的な発展に貢献します。

(2)株主をはじめステークホルダーの期待に応えます。

私たちは、自己の職務に精励し創意工夫と絶えざる革新により業績の向上を図り、株主はじめステークホルダーの期待に応えます。

2.安心・信頼を得られる高品質なサービス・システム・製品の開発と提供

(1)サービス・システム・製品の品質管理に努めます。

私たちは、サービス・システム・製品の研究開発・製造・運用・保守およびコンサルティング等における信頼の確保とともに、お客様の視点から提供する品質の向上に努めます。

(2)技術力の向上と技術基盤の整備に努めます。

私たちは、蓄積された技術の継承に努めるとともに、技術環境の変化に的確に対応し、先進的な研究開発を進め、技術力の向上と技術基盤の整備に努めます。

(3)施設内の整理・整頓に努めます。

私たちは、業務を効率的に遂行するために、施設内の整理・整頓に努めます。

(4)重要な障害・クレーム等が発生した場合は、適切かつ速やかに対処します。

私たちは、サービス・システム・製品に関する重要な障害・クレーム等が発生した場合は、お客様資産の保護と安全および早期解決を第一に考え、社内規程・ルールに則って対処します。また、重要な障害・クレーム等をラック全体の問題と捉え情報共有に努めるとともに、関係部門と協力して適切かつ速やかに対処します。

3.人間性の尊重

(1)自らの能力の向上と人材の育成に努めます。

私たちは、仕事に対する誇りと責任を持ち自己研鑽に努め、互いに切磋琢磨することにより自らの能力の向上を図ります。
また、上司は率先して自己の職務を果すとともに、部下の適性・能力を尊重して育成に努めます。

(2)安全で健康的な職場環境の維持・向上に努めます。

私たちは、心身の健康増進に努め、安全・快適で健康的な職場環境の維持・向上に努めます。

(3)人権を尊重し、不当な差別を行いません。

私たちは、性別・国籍・年齢・民族・人種・宗教・信条・身体的障害等を根拠とした不当な差別や、いやがらせ・セクシャルハラスメント等を根絶します。

4.社会規範の遵守と公正な企業活動の推進

(1)社会規範を遵守し、社会秩序の維持に努めます。

私たちは、社会人としてまた企業人として自らの行動に関し、法令や企業倫理および社会規範を遵守し、社会秩序の維持に努めます。

(2)就業規程等の社内規程を遵守します。

私たちは、就業規程をはじめとした社内規程・ルールを遵守し、公私のけじめを守り職場の秩序を維持するとともに、会社の体面を汚すこと或いは会社に損害を与えるような行為は行いません。

(3)独占禁止法やインサイダー取引規制を遵守します。

私たちは、生産・販売・購買等の各分野において独占禁止法を遵守し、公正かつ自由な競争に基づいた事業活動を展開します。
また、その職務に関して知り得た非公開の重要情報の取り扱いには十分留意し、この情報を基にした株式売買等を行いません。

(4)機密情報の管理を徹底するとともに、知的財産権の保護に努めます。

私たちは、会社の各種機密情報、取引先の情報およびお客様や従業員などの個人情報の重要性を充分に認識してその管理を徹底するとともに、不正或いは不用意な利用・開示は行いません。
機密情報やパソコン等に含まれるあらゆる情報を適切に管理し、会社の情報資産の漏洩を防止します。
また、知的財産権(著作権・商標権・特許権等)の保護に努め、他人の権利の侵害や不正使用を行いません。

(5)不正な利益供与は行いません。

私たちは、公務員・政治家等に対して健全かつ透明な関係を維持し、不正な利益供与・政治献金・接待・贈答を行わず、取引先や業界等に対しても社会通念上の節度を守ります。

5.反社会的勢力との関係遮断

(1)反社会的勢力による不当要求には応じません。

私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与えるような反社会的な勢力(特殊株主・暴力団等)からの不当な要求には、屈することなく毅然として対決します。

(2)反社会的勢力との一切の関係を遮断します。

私たちは、経済的取引の形であっても取引の相手方が反社会的勢力であると合理的に判断される場合には、一切の関係を遮断します。

6.適切な広報活動の推進

(1)正確かつ適正な記録と報告に努めます。

私たちは、会社が正確な情報を適時・適切に開示していくために、事業活動に関する考え方や内容を正しく理解し、正確かつ適正な記録と報告に努めます。

(2)企業イメージの向上に努めます。

私たちは、常に良識ある企業人としての自覚を持って行動し、社外とのコミュニケーションを通じて会社に対する正しい理解と信頼を深め、企業イメージの向上に努めます。

7.社会貢献活動の推進

(1)地域社会をはじめとして、広く社会貢献に努めます。

私たちは、地域行事への参加等により地域との交流を深め、地域社会との友好・親睦を図るとともに、広く社会貢献に努めます。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top