株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

ラックグループコンプライアンスポリシー

  1. このコンプライアンスポリシーはラックグループ会社(以下「ラックグループ」という。)におけるコンプライアンスについての基本的な考え方を示すものである。
  2. このコンプライアンスポリシーにおいて「コンプライアンス」とは、法令(行政上の通達・指針等を含む)、社内規程及び企業倫理を遵守することをいう。
  3. ラックグループの全ての取締役および従業員はこのポリシーをふまえ、法令を誠実に遵守することはもとより企業倫理を十分に認識し、社会人としての良識と責任をもって業務を遂行しなければならない。
  4. ラックグループの全ての取締役および従業員は次に掲げる行為を行ってはならない。
    (1) 自ら法令および社内規程(以下「法令等」という)に違反する行為
    (2) 他の取締役および従業員に対して法令等に違反する行為を指示する行為
    (3) 他の取締役および従業員に対して法令等に違反する行為を示唆する行為
    (4) 他の取締役および従業員の法令等に違反する行為を黙認する行為
  5. ラックグループの全ての取締役および従業員は他の取締役および従業員が前条に違反する行為を行っていることを知ったときは、ラックが定める倫理・コンプライアンス上の相談・通報窓口等を利用し、速やかに通報しなければならない。
  6. ラックグループは4.の禁止行為を行った取締役および従業員をそれらが在籍する各社の取締役会および就業規則の定めるところに従い懲戒処分に付するとともに、会社に損害を与えた取締役および従業員に対して損害の賠償を求めることができる。
  7. ラックグループの全ての取締役および従業員は次に掲げることを理由として自らが行った法令等に違反する行為の責任を免れることはできない。
    (1) 法令等について正しい知識がなかったこと
    (2) 法令等に違反しようとする意思がなかったこと
    (3) 会社の利益を図る目的で行ったこと
  8. ラックグループの全ての取締役および従業員は、自らの行動や意思決定が法令等に違反するかどうかの判断に迷うときは、ラックが定める倫理・コンプライアンス上の相談・通報窓口等に相談しなければならない。
  9. ラックは次に掲げる目的のため、必要に応じ研修会を開催し、参加を命じられたラックグループの全ての取締役および従業員は正当な理由なくして受講を拒否してはならない。
    (1) コンプライアンスへの関心を高めること
    (2) コンプライアンスについての正しい知識を付与すること

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top