株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

新規事業開発

ラックが掲げる新規事業開発のテーマは「セーフティ」です。
当社はこれまで時代の変化に合わせて、「情報セキュリティ」「不正アクセス対策」「サイバーセキュリティ」等のキーワードを掲げて「セキュリティ」事業を行ってきました。

ラックが掲げる信念の根本は「日本を衛る」ことです。これは、企業や自治体などの各事業体、地域住民、それらすべてに対して「安心と安全」を提供することが使命であることを意味しています。この点に軸を置き、当社の中核事業であるシステムインテグレーションサービス(SIS)、セキュリティソリューションサービス(SSS)に続く第3の事業として、「セーフティ事業」の実現に向けた活動をしています。

セーフティ事業とは

これまでの「サイバーセキュリティ事業」では、「悪意のある者」が存在することを前提として、その攻撃手法や脅威情報を分析し、予防・検知・防御・復旧等といった各種サービスやソリューションを提供することで、「衛る」を実現してきました。

一方「セーフティ事業」においては、「悪意のある者」に対応することのみに限定せず、「安心・安全」を脅かすすべての脅威に対抗したあらゆる予防・検知・防御・復旧・再発防止を実現していきます。その「安心・安全」を提供する範囲は情報システムの世界に留まらず、様々な事業体単位、企業単位、地域単位など、およそ無限に広がることが想像されますが、当社の新規事業開発では、以下の方針とテーマに関して長期的な取り組みを進めていきます。

基本方針

以下の基本方針に沿って活動しています。

仮説の検証

事業化の前に、必要とされるであろう「機能」を仮説として設定し、その実現可能性・有効性の検証を行っていきます。

共生の実現

仮説検証の中で、同様の問題意識を持っている・すでに取り組みを行っている・必要な基礎技術を有しているほか団体(自治体・公共機関・民間事業者・大学や研究室など)や、スタートアップ・ベンチャー企業との連携、発掘、投資を行っていきます。

4つのテーマ

セーフティ事業の実現に向けて4つのテーマで仮説検証・実証実験を推進しています。

セーフティシティ

セーフティシティ

あらゆる「モノ」がインターネットに接続されていく流れにおいて、各種製品やサービスを「サイバーセキュリティ」、「セーフティ」、「事業性」、「利用者へ提供する価値」といった側面で検証と分析を「実際の街の中」で行える物理的な空間を整備します。

コネクティッドカーセキュリティ

コネクティッドカーセキュリティ

コネクティッドカー、自動運転の時代に向け、新たなモビリティ環境が実現されていく中で、その時代にあわせたセキュリティ面での車検・検査手法の確立、ツールの提供、整備環境を実現し、万が一の事故・障害時に備えた自助機能の開発、分析・ロードサービス手法の展開へとつなげていきます。

コネクティッドヘルスケア

コネクティッドヘルスケア

遠隔医療、病院間情報共有、医療機器のインターネット接続等が実現されていく中で、新たに生み出される医療技術の具現化を「投資・事業支援」という観点で支援・実現し、医療情報の管理・展開における安全な仕組みの実現へと活動を行っていきます。

地域創生

地域創生

日本国内の各地域における課題に合わせた新たな「価値」の創造と実現を、自治体間の連携を促進することで、広い範囲で行っていきます。また、当社従業員の新しい働く環境として、各地域へのサテライト化も推進していきます。

主に日本国内を対象とした新規事業開発の活動となりますが、広く海外の情報収集・分析も必要であり、今後は海外における活動も積極的に行っていきます。これら当社の新規事業開発の活動は、新規事業開発専用のFacebookのページで情報を発信していきます。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top