株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

社長メッセージ

中期経営計画『TRY 2021 ステージ1』の進捗について

2016年3月期を初年度としてスタートさせた3カ年の中期経営計画『TRY 2021 ステージ1』も、いよいよ最終年度を迎えました。

ここまでの2年間、同計画で掲げた3つのテーマ(「挑」「磨」「基」)と9つの重点項目の下、一定の利益水準を維持しつつ、新たな挑戦や中長期的な成長施策のための投資を幅広く、かつ積極的に実施してまいりました。
特に、当社グループ事業の成長の原動力である社員数は、当初の1,581名(2015年4月1日時点)から153名増加し、1,734名(2017年4月1日現在)となりました。

一方、ITやサイバーセキュリティを取り巻く環境がこの2年間で大きく変化したことにより、セキュリティソリューションサービス(SSS)事業は想定以上の伸びとなったものの、システムインテグレーションサービス(SIS)事業のうち、特にハードウェア(HW)の販売・保守の分野で大手金融機関向けの需要が縮小したため、売上が大きく落ち込む結果となりました。

こうした事業環境の変化に的確に対応するため、当社は新たに以下の基本方針を定め、セキュリティ事業を軸とした事業構造の変革を一層加速することといたしました。

  1. セキュリティ人材の積極的採用および育成に努め、お客様からのさまざまなニーズに応えられる体制を構築・強化して事業の確実な拡大を目指します。
  2. 国や社会を守る専門集団であり続けるために継続的に投資を実行し、高品質なサービスの提供に努めて企業としての信頼度を高め、収益力の維持・向上を図ります。
  3. 新しいテクノロジーを積極的に導入してサービスや業務生産性を向上させるとともに、働き方改革を推進し、社員一人一人が使命とやりがいをもって任に当たれるような職場環境づくりに取り組みます。

上場市場変更につきましては、上に述べた事業構造の変革を最優先することから目標期日内での申請はいったん見合わせ、構造変革による収益力および成長力向上の進捗状況に応じて適切なタイミングで実施できるよう、引き続き取り組むことにいたしました。

なお、前述した事業環境の変化、および前年度末の時点でM&Aが決定していないことを踏まえ、本年度の連結業績予想の売上高は400億円といたしました。当初掲げた売上目標の本年度中の達成は困難ではあるものの、想定した利益水準は維持できており、中期経営計画全体では着実に進捗しているとみております。

今後当社は、中期経営計画および新たに加えた基本方針に則り、社員、お客様、株主、取引先、パートナー、応援してくれるメディアなど、さまざまな人が集う会社となり、また、収益を上げ続ける強い企業グループとなることを目指してまいりますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

(2017年5月)

西本逸郎

株式会社ラック
代表取締役社長

西本逸郎の署名

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top