株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

株主・投資家の皆様へ

社長メッセージ

西本逸郎 成長への変革に積極的に取り組んでいます

『TRY 2021 ステージ 2』初年度を終えて

政府が主導するデジタル社会Society5.0への社会変革、デジタルトランスフォーメーションを核とする「攻めのIT投資」の必要性、さらには働き方改革の推進と、これらに伴うセキュリティ対策の実装といった社会的要請の高まりに対し、当社は強みであるセキュリティ対策事業を活かし、お客様の課題解決に製販一体で取り組んでいます。

3ヵ年の中期経営計画『TRY 2021 ステージ 2』の初年度であった2019年3月期の通期実績は、SIS事業はHW/SW販売の想定以上の需要減少や株式会社日本貿易保険など開発サービスの大型案件の仕掛増により低調であったものの、診断や運用監視などのサービスの伸長によりSSS事業が好調に推移し、前期に比べ増収増益となりました。年間配当につきましては、前期にあった記念配当を除いて2円増配となる1株当たり22円とさせていただきました。

お客様の真のパートナーとなるために

業界・地域特性にあわせてセキュリティ対策とシステム開発を総合的に提供する「事業部制」に2018年4月から移行するなど、お客様の真のパートナーとなるための変革に挑戦しています。2019年4月からは、セキュリティのコンサルティング機能を各事業部に組み込むとともに、「SSS事業統括部」「SIS事業統括部」が各事業分野視点で事業戦略の立案、商品企画・開発、品質管理などを担う形に機能強化するなど、お客様視点でのサービス提供体制を整えました。

また、お客様が新しい技術の活用により進化し続けるなか、お客様の柔軟かつ迅速な開発ニーズにお応えするために、アジャイル開発センターを2018年7月に設置しています。ITを駆使した事業基盤を構築する際にお客様の支援に大きな強みとなるのは、セキュリティを一気通貫で提供できる点です。仮想通貨交換事業者のように、今やスタートアップ企業がすぐにでも社会インフラ基盤へとなり得る社会であり、当社は変化し続けるお客様にシステム開発の初期段階からセキュリティを最適な形で組み込んだサービスを提供していきます。

「国を衛る」という使命を果たす

企業が取り組みを活発化させているように、当社自身もデジタルトランスフォーメーションや働き方改革を推進していきます。経理や財務などの社内基幹システムの統合、さらには営業支援ツールの導入や社内IT環境の改善などクラウドを徹底活用した業務改革も推進します。また、国を衛るためには、人材の確保とともに、社員の働きがいも重要です。2019年1月に開設したラックテクノセンター北九州は、地域での人材確保に大きく寄与しました。同5月には東陽町オフィスを開設し、働きやすいオフィス設計とするなど働きがいを意識した取り組みを推進しています。

世界的な大会を控え、国内では開催期間にあわせたサイバー攻撃への懸念が高まっています。当社は、本業を通じて安全・安心なIT社会の実現に貢献していくとともに、セキュリティ人材の育成や啓発活動を通じ、「国を衛る」という使命を果たしてまいります。 株主・投資家の皆様におかれましては、中長期的な視点で当社の持続的成長に向けてご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年6月

株式会社ラック 代表取締役社長
西本 逸郎

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top