株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

コーポレート・ガバナンス

当社は、当社グループの企業活動を支えている全てのステークホルダーと良好な関係を築き、長期にわたり継続的な成長を遂げていく上で、当社グループの役員と社員全員が共有すべき価値観を確立し、高い倫理観を醸成することがコーポレート・ガバナンスの確立において不可欠であると認識しています。

基本的な考え方

全てのステークホルダーとともに生き、豊かで安全な未来創りに貢献するという経営ビジョンのもと、持続的成長と企業価値向上を図るため、効果的、効率的な経営を行えるガバナンス体制を構築します。取締役会と経営会議を設置し、経営の監督と業務執行の分離を行うことで責任の明確化と業務執行の迅速化を図り、意思決定の透明性の強化を実現する体制をとっています。

ガバナンス体制

当社は、機関設計として、監査役会設置会社を選択しています。また、経営の監督機能と業務執行機能を明確にするため、執行役員制度を採用し、監督機能を取締役会およびその構成員である各取締役が担い、業務執行機能を執行役員が担っています。また、社外取締役、社外監査役の全てを、独立役員として指定しています。

ガバナンス体制

取締役会

取締役会は、代表取締役社長を議長とする、社外取締役4名を含む9名の取締役により構成されており、経営の基本方針、法令で定められた事項やその他経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況の監視・監督を行っています。取締役会は毎月1回定期に、また必要に応じて臨時に開催しています。

監査役会

監査役会は、社外監査役2名を含む3名の監査役により構成され、監査役会の議長は、監査役会の決議によって監査役の中から定めています。監査役は監査役監査基準に基づき、取締役会への出席のほか、経営会議等の重要会議に出席し、独立した立場から経営の監視を行っています。なお、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠監査役1名を選任しています。監査役会は毎月1回定期に、また必要に応じて臨時に開催されています。

経営会議

業務執行を担う経営会議は、代表取締役社長を議長とする、10名の執行役員で構成されており、会社の業務執行に関する事項を審議しています。経営会議は原則として毎週1回定期に、また必要に応じて臨時に開催しています。

指名・報酬諮問委員会

指名・報酬諮問委員会は、代表取締役社長、独立社外取締役2名、独立社外監査役1名で構成されており、取締役会の諮問機関として、取締役・経営陣幹部候補の指名および報酬に関する事項について審議し、答申を行っています。指名・報酬諮問委員会は、原則として四半期に1回開催しています。

リスク統括委員会

代表取締役社長を委員長とする「リスク統括委員会」を設置し、ラックグループ全体を対象とするリスク管理体制の構築・運営を推進しています。リスク統括委員会およびその傘下に基幹リスク、コンプライアンス、事業戦略、事業管理の4分科会を設置し、情報セキュリティ、事業継続、コンプライアンス、その他事業運営上のリスクについて、テーマごとにリスクへの対応状況のモニタリングおよび対策推進を図っています。リスク統括委員会は原則として四半期1回定期に、また必要に応じて臨時に開催しています。

コーポレートガバナンス・コードの対応状況

上場企業は、2015年6月から施行された株式会社東京証券取引所が取りまとめた主要原則「コーポレートガバナンス・コード」について、"Comply or Explain"(原則を実施するか、実施しない場合にはその理由を説明するか)が求められています。当社は、JASDAQ上場企業としての基本原則をすべて実施しており、コーポレート・ガバナンスに関する報告書により報告しています。

コーポレート・ガバナンス報告書

2020年7月9日 コーポレート・ガバナンス報告書(PDF 171.6KB)

Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top