株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(MDR)

マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(MDR)

マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(MDR)とは?

MDRは、ラックの考える新しいマネージドサービスのかたちです。従来のサービスが、主に防衛や防御に軸足をおいているのに対して、MDRでは発生するセキュリティインシデントに対してDetection(検知・検出)だけでなく、Response(対応・回復)までをサービスの提供範囲としているのが特徴です。

マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(MDR)はなぜ必要か?

サイバー攻撃が高度化・複雑化するにつれて、防衛や防御の対策によってセキュリティインシデントを未然に防ぐことだけに、コストや時間を割くことは、現実的な手段とは言えなくなりつつあります。例えばウイルスやマルウェアにおいては、新種や亜種といった新たな脅威によるゼロデイ攻撃は、既存の対策で対応することが困難です。

このような現状における企業のサイバーセキュリティでは、未知の脅威に対する被害が発生した場合に、その拡大防止、正常な状態への復旧、再発の防止等のインシデントレスポンスの能力が不可欠ですが、これらにはセキュリティに関する高度な知見やノウハウが不可欠であり、企業内部だけで対応することは、大きな負担になります。

そこで当社では、これらをマネージドサービスとしてご提供することにより、お客様のセキュリティ運用負荷を軽減すると同時に、高度なインシデントレスポンス体制の実現を支援します。

Managed EDR Service for Windows Defender ATP

EDR(Endpoint Detection and Response)製品であるMicrosoft社の提供するWindows Defender ATPに対してご提供するマネージドサービスです。

マネージド・セキュリティサービス(MSS)とマネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(MDR)の違いは?

MDRに対して、当社が従来からご提供するサービスモデルにMSSがあります。MSSは、主にお客様がご利用になるセキュリティアプライアンスや、セキュリティソフトウェア、セキュリティサービス等を当社がマネージドサービスとして管理運用するサービスになります。MSSは、対象となる各セキュリティ製品を基準に、主に検知や防御といったセキュリティ製品の持つ機能がベースなります。

対してMDRでは、インシデントレスポンス支援をマネージドサービスとしてご提供することを基本としています。MSSと同様に、管理対象の製品がどのような製品であるかは重要なポイントの一つですが、インシデントレスポンス支援は、あくまでそれは全体の一部であり、製品でサポートされない内部に潜む脅威の早期発見や被害の拡大防止等に対する、専門家による高度な支援が軸となります。

お問い合わせ

マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(MDR)に関するお問い合わせ

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top