株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

LAC WATCH
2016年12月13日 | お知らせ

サイバーセキュリティ経営の実現を支援するため、KPMGコンサルティングと協業をスタート

ラックは、企業がサイバーセキュリティ経営を実現するための取り組みとして、経営・リスクコンサルティング大手のKPMGコンサルティングと、プラットフォーム構築で協業を開始します。

2015年12月に、経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、企業が情報セキュリティ「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を公開したように、いまやセキュリティ対策は企業戦略の一環として、ITに対する投資やセキュリティに対する投資等など、経営者による判断が必要な状況となっています。企業経営者は、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」で示された3原則、重要10項目を評価し、何らかの改善活動を行うことを示しています。

しかし、サイバーセキュリティ経営の実現は、経営者の理解や予算の確保、人材の育成などの課題に加え、サイバーセキュリティ経営に関しての深い考察を行うことは簡単ではありません。

そこでKPMGコンサルティング株式会社とラックは、両社が持つ経営・リスクコンサル、セキュリティ運用・技術を連携させ、サイバーセキュリティ経営を支援する総合ソリューション『サイバーインテリジェントプラットフォーム』の開発と提供を目指し協業を開始しました。

サイバーインテリジェントプラットフォーム

詳しくは、プレスリリースをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

関連記事

LAC WATCH

関連記事をご紹介します

  • JSOCが、パロアルトネットワークスのAWS向け次世代FWに監視運用サービスを提供

  • IPAが「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を公開

  • 強い組織になるためのオンリーワン戦略 ~結の章:経営者の仕事~(執筆:内田昌宏)

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top