株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

【オンライン】Palo Alto Networks Partner Webinar Week - September, 2020: Day4

開催日 2020年09月04日(金)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

安心安全なパブリッククラウド活用に向けた攻めのサイバーセキュリティ対策とは?

AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azureなど、昨今はアプリケーションやサービスに応じて、パブリッククラウドを使い分けるマルチクラウド活用を実施しているお客様は少なくありません。そのマルチクラウド活用は安全に実施できているのでしょうか?

パブリッククラウドのセキュリティおよびコンプライアンスは、お客様とパブリッククラウドベンダーの間で責任を共有する責任共有モデルをベースに成り立ちますが、お客様側で責任範囲としてセキュリティ管理負荷は小さくなく、大変な負荷を伴う場合があります。

実際に、多くの組織が、潜在的なアカウントの侵害を経験していたり、クラウドストレージサービスを公開してしまっていたり、パブリッククラウド内に重大なパッチを適用していないホストを保持していたり、様々なリスクを抱えているのが現状です。

当ウェビナーでは、お客様のパブリッククラウドの利用を安心安全に進めていただくための、クラウドセキュリティサービスを紹介していきます。

プログラム

16:30~17:00

事故事例から学ぶDevSecOps時代のPrisma Cloud活用

株式会社ラック
金融事業部 サービス第三部 部長
上原 孝太

クラウドサービス利用シーンにおける事故事例を踏まえ、Prisma Cloudを用いてお客様が安全・安心なDevSecOpsを実現するためのラックのアプローチをご紹介します。

開催日時 2020年9月4日(金) 16:00〜17:10
形式 ライブ配信セミナー(Zoom)
対象 パブリッククラウドをご利用のお客様、運用担当者、セキュリティ管理者
参加費 無料(事前登録制)
主催 テクマトリックス株式会社、株式会社ラック、パロアルトネットワークス株式会社

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申込方法、詳細は下記Webサイトをご覧ください。