株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

【東京】第14回DBSC早春セミナー
~ データとAIの高度利用における意義と課題を考える ~

開催日 2019年02月07日(木)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

政府が掲げる Society5.0 の実現に向けた動きが進むにつれ、様々な課題がでてきています。
特に、AIとIoTの融合によるビックデータのリアルタイム解析が可能となり、様々な場面でデータ利活用の可能性が拡がる一方で、AIの法的・倫理的課題に対する議論が世界的にも高まっています。国内では、昨年12月27日に『人間中心のAI社会原則(案)』が取り纏められ、公開されました。

今回は、基調講演として、内閣府「人間中心のAI社会原則検討会議」議長を務められている東京大学の須藤先生に『データとAIの高度利活用とSociety5.0』としてご登壇いただきます。


ラックは、データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)の活動に参加・協力しております。

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)は、2005年に「データベースセキュリティ」の普及促進を図る目的で設立された任意団体です。ラックは、設立当初より、DBセキュリティの普及促進のため、会員として活動に参加・協力しております。

本セミナーは、DBSC会員だけではなく、一般の方もご参加いただけます。業種や専門分野に関わらず、情報セキュリティに携わる皆様のご参加をお待ちしております。

なお、本イベントのご参加で、(ISC)2認定資格保持者様向けのCPEクレジット(4ポイント)が取得可能です。

プログラム

13:00~13:10

開会挨拶
DBSC会長:安田 浩 氏 [東京電機大学 学長]

13:10~13:50

基調講演
データとAIの高度利活用とSociety5.0
須藤 修 氏 [東京大学 教授]

13:50~14:20

講演
『DBA1,000人に聞きました』アンケート調査報告
DBSC運営委員:北野 晴人 氏 [情報セキュリティ大学院大学]

14:20~14:50

DBSC会員企業によるソリューション紹介

14:50~15:05

休憩

15:05~15:45

基調講演
未来に向けて:知能協創発のすすめと人材育成
DBSC会長:安田 浩 氏 [東京電機大学 学長]

15:45~17:15

パネルディスカッション

17:15~17:20

閉会挨拶
DBSC事務局長:西本 逸郎 [株式会社ラック]

開催日時

2019年2月7日(木) 13:00~17:20(受付開始 12:30)

会場

TKP麹町駅前会議室「ホール8A」
東京都千代田区麹町3-2 麹町共同ビル 8階
アクセスのご案内
麹町駅 3番出口 徒歩1分(メトロ有楽町線)
半蔵門駅 3a出口 徒歩4分(メトロ半蔵門線)

対象

情報セキュリティに携わる方、メディア関係者

定員

100名

参加費

DBSC会員:無料、一般:1,000円

主催

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申込方法、詳細は「第14回DBSC早春セミナー」のWebサイトをご覧ください。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top